J乳グラドル・桐山瑠衣、待望のセカンド写真集でかつてない限界露出に挑む

※イメージ画像:『桐山瑠衣/Lapis Dress』より

 

 100センチオーバーのJカップバストを誇る桐山瑠衣(28)のセカンド写真集『Lapis Dress』(1月15日発売/双葉社)の表紙カットが刺激的すぎると注目を集めている。

 数多くいる巨乳系グラドルの中でも、桐山の104センチJカップは規格外の大きさ。マシュマロボディとともに世の巨乳好きから熱烈に支持されている。

 グラドルとしてのキャリアは10年以上となる桐山だが、意外にも写真集の発売は2008年発売のファースト写真集『バニラ色の瑠衣』(アクアハウス)以来。それだけにセカンド写真集のリリースが発表された際にはファンから歓喜の声が上がった。

 注目の表紙カットは、シャワールームで泡や水を身体に滴らせているセクシーショット。その濡れ感や安心感のあるマシュマロボディもさることながら、とにかくJカップバストが圧倒的な存在感を放つ。

 これにネット上のファンからは、「す、すばらしい」「超刺激的な表紙!!」「感動しすぎて言葉が出ません」「早く中身が見たい!」などと興奮気味の絶賛コメントが殺到。圧巻の爆乳を見せつけた表紙カットには、多くのファンが心をつかまれたようだ。

 今回のセカンド写真集では、8000枚以上撮られた写真の中から83枚を厳選。「かつてない限界露出に挑戦」「本邦初公開のヒップライン」と予告されており、ファンの期待は高まりまくっている。前作から10年以上の時を経て発売となる今作は、成長した彼女の美しいボディが収められていることだろう。いったいどんな姿を見せているのか、今から楽しみだ。

 

 Jカップマシュマロボディでファンをメロメロにするグラドルの桐山瑠衣ちゃんが、35作目となるイメージDVD『kawaii ポチ』(エスデジタル)を発売。相変わらず見事な超グラマラスボディを見せつけてくれた。

men's Pick Up

ニュース関連トピック