あべみほ、最新イメージで話題の「半熟ボディ」を大開放! 『細かすぎて伝わらないモノマネ』効果で人気沸騰の気配

 「歩くフェロモン」と呼ばれるセクシークイーンでプロレスのディーヴァとしても活躍しているグラビアアイドル・あべみほ(31)が、今月25日に最新イメージDVD『蜜の味』(エアーコントロール)をリリースする。その表紙カットや告知ショットが「エロすぎる」と話題になり、ファンの期待がぐんぐんと高まっている。

 あべはグラビアで活躍するとともに、同じ石狩市出身である新日本プロレスのタイチ選手(39)のディーヴァとして活動。生放送が入った試合中にアクシデントで衣装のブラホックが外れ、あわやポロリの惨事になったことが大きく報じられたこともあり、グラビアファンだけでなくプロレスファンからも熱い視線を浴びる存在だ。

 また、先日放送されたバラエティ特番『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』(フジテレビ系)に「みょーちゃん劇団」のメンバーとして出演。お笑い芸人・キートン(46)が演じる「ボス」の愛人役を務め、網状の超セクシー衣装に包まれたグラマラスボディがお茶の間に映し出されたことで、「えっちすぎ!」「あべみほがエロすぎて内容が入ってこない!」などと大きな反響を呼んだ。

 注目度が急上昇しているなかでリリースされる最新イメージ作。ジャケットは、ナース帽をかぶって自慢の「半熟ボディ」を惜しげもなくさらけ出した大胆ショットとなっており、表情もエロスの塊のような色っぽさ。男の本能を刺激するかのような色気が全面に押し出されたカットだ。

 大人っぽい黒のランジェリー姿や、一糸まとわぬ全裸で「手ブラ」だけでバストトップを隠した過激な先行カットも公開されており、脱ぎっぷりの良さを見せている。

men's Pick Up

ニュース関連トピック