限界ギリギリの痴態・世界でバズった異様なエロス写真…「グラドルSNS事件簿」2019年上半期を振り返る

 いろいろあった2019年も残りわずか。今年も多くのグラビアアイドルたちがSNSを舞台にさまざまな事件を巻き起こしてくれました。可愛く、美しく、時にはエロく…今回は、グラドルたちのSNS発の艶姿やエロ事件を取り上げた当サイトの人気記事をもとに、2019年を振り返る特別企画の前半戦をお届けします!

 

 まず1月に注目を集めたのは、Instagramで公開している「インスタグラビア」で話題の似鳥沙也加。ド迫力のGカップバストをあらわにした谷間ショットが大きな反響を呼んだ。

 似鳥はInstagramに投稿したグラビア風ショットが大好評となり、一般人のまま絶大なネット支持を獲得。その人気の高さから「インスタグラビアの女王」と称されるようになった。昨年秋にはグラビアの名門「週刊プレイボーイ」(集英社)の表紙を飾り、同号には「TikTok」で人気を集めるカリスマ美少女姉妹のエリカ&マリナらも登場し、さながら「SNS美女」特集号に。その中でも、似鳥は「SNS美女の頂点」と称される別格の扱いで雑誌グラビアでも引っ張りだこになっている。

 

 2月は「伝説の着エロクイーン」の復活にグラビアファンが大いに沸いた。2015年に惜しまれながらも活動休止を発表し、事実上の引退状態だった山中知恵が突如としてTwitterでグラビア復帰を宣言したのだ。

 山中は10歳でジュニアアイドルとしてデビューし、以降は毎月のようにイメージDVDをリリース。20歳のころにはDVDリリース本数が90タイトルを超え、業界の内外で「着エロクイーン」と称された。復帰後は3本のイメージDVDを発売し、最新作の『イチャラブ温泉旅行』(エアーコントロール)は驚くことに通算97作目。2020年内に「通算100本」の大記録を打ち立ててくれそうだ。

 

 3月は、Fカップグラドル・吉野七宝実の激ヤバ写真がTwitterでバズりまくった。吉野はTwitterで自宅のお風呂の写真を公開したのだが、そこには魚がずらりとぶら下がっている異様な光景が…。釣りが趣味の吉野は自宅で干物や燻製を作ることがあり、大量にゲットしたニジマスを燻製にするための下準備として浴室で乾かしていたのだという。

 この投稿は万単位のリツイートや「いいね」を記録するバズり状態となり、それに気を良くした吉野は「こんなにバズったの初めて」「干物グラビアやってみました」と綴りながら、全裸で大事な部分を魚の干物だけで隠した過激ショットを公開した。そちらもTwitter上でバズりまくり、海外ユーザーたちも日本人美女の異常な写真に驚愕するなど大反響を呼んだ。

men's Pick Up

ニュース関連トピック