彩川ひなの、ハレンチボディと私生活が「魅惑的すぎる」と話題に

 「魅惑のハレンチボディ」というキャッチコピーで人気を集めるグラドルの彩川ひなの(24)が、「魅惑的すぎてヤバい」と話題になっている。

 彩川はファースト写真集『LeaLea』(トランスワールドジャパン)をリリース。待望のファースト写真集について彼女は、「本当に幸せです。タイトルの『LeaLea』ってハワイ語で幸せとか楽しいとか、キラキラポジティブなニュアンスな言葉なんですよ。このファースト写真集を令和を代表する写真集にしたいんですよ」と、発売記念イベントで力を込めた語った。

 今作は「写真集の原点」をコンセプトだが、その理由は「かわいい、美しい、楽しいをベース」にしているからだとか。彩川本人のお気に入りのカットは緑のセクシーなドレス姿で、「グリーンの水着」がかなりセクシーだという。

 そんな写真集を手にしたファンからは、「さすがのハレンチボディ」「可愛いしエッチだし最高」「やっぱり天使」といった絶賛コメントが。彩川は同作のオフショットをTwitterなどにアップしており、その投稿にも興奮の声が寄せられている。

 さらに彩川は23日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)にも出演。ここで驚きの私生活を明かし、ネット上で話題を集めている。

 この番組で彩川は、「初対面の男性と出会ったその日に旅行に行きまくっている」ことを反省。一人旅中やカフェで出会った男性と一緒に観光地を回ったりすることが、日常茶飯事なのだという。

 実際、バー勤務の男性と飲み明かした翌朝に伊香保温泉へ。また、40代男性とは横浜を散策、銀山温泉で出会った60代男性とは、その男性宅で食事をしたとか…。あまりにも警戒心が薄く、そんな彼女に対してマネージャーは「すごく危ないし、世間の人に誤解を与えるのでやめて欲しい」と嘆いた。

 スタジオの共演者からは「信じられない」の声が上がったが、彩川は「下心のある人は見たらわかる」と平然としたまま。一度も危険な目にはあっていないそうで、「普通は初めて会った男性と温泉旅館には泊まらない」と忠告されても、「その考えが古い」と反論し続けるのだった。

men's Pick Up

ニュース関連トピック