【ネットナンパ】「ま、また会ってくれますか?」40歳独身スレンダーOL、クンニの最中に再会を懇願

レイちゃんにとっては半年ぶりのエッチになるのかな?」

「は、はい。そうですね。前の彼と別れてから一度もしてないので…」

「あ、ごめん。嫌なこと思い出させちゃったかな?」

「全然平気ですよ。もう完全に過去のことですから」

「そ、それなら良かった。ね、レイちゃんはどんなエッチが好きなのかな?」

「え?」

「さっきも言ったけど俺ってMだから、女性の喜ぶことだけをしたいんだ」

「そ、そんなの突然言われても…」

「あ! 今無理に言わなくてもいいよ。思いついたらで構わないから、遠慮しないで命令して」

「め、命令ですか?」

「うん! 女性にアレしてコレしてってお願いされると、俺は犬みたいに尻尾を振って喜ぶからさ」

「フフフ、ショーイチさんって変わってますね」

「や、やっぱりヒいちゃったかな?」

「いいえ。凄く安心できました」

「それなら良かったよ」


 ラブホ街に到着し、中級クラスのホテルにチェックイン。部屋に入り、途中の自販機で購入したお茶で喉を潤す。


「こういうホテルに入るのも久しぶりなのかな?」

「そうですね。10年ぶりかもしれないです」

「え? ってことは前の彼とはどこでしてたの?」

「いつも彼の家でした」

「そ、そうなんだぁ。今日はホテルだから、遠慮なく大きな声を出してもいいんだよ」

「や、やだ。それは恥ずかしいです」

「なに言ってるの? もっと恥ずかしいことするんだから、声くらいはなんでもないことだよ」

「そ、そうかもしれなけど…」

「あ、ごめん。無理はしなくていいからね。ただ、余計な気をつかわずにエッチを楽しんでほしいだけなんだ」

「フフフ、本当に優しいんですね。ショーイチさんって」

「それはちょっと違うかな。超がつくほどのスケベなだけだよ」

「え?」

「だって女性が遠慮してたり緊張してたりしたら、俺が楽しめないんだ。だから、レイちゃんにはとことんリラックスしてほしいんだ」

「そういうのを優しいって言うんじゃないですか?」

「違うって。全部俺のためなんだって。だから、優しいんじゃなくてヤラシイだけなんだよ」

「は、はい。分かりました♪」


 ようやくリラックスした様子で笑顔を見せてくれたレイちゃん。この笑顔を見ることができたら、勝ち戦みたいなものだ。

 とことん自分を卑下して、こちらの思い通りに事を進める…。我ながらなんて姑息なのだろう。

 こんな性格だから50年間一度も彼女ができたことがないのかもしれない。

 だが、今更この性根を入れ替えることなんてできやしない。それに後悔するつもりもさらさらない。たとえ生まれ変わっても、現在の所沢ショーイチと寸分違わぬ人生を送りたいと思っているのだ。

men's Pick Up