メンズサイゾー >  人気記事まとめ >  ネットナンパ >  タコさんクリ舐めで人妻さん激イキ  > 3ページ目

【ネットナンパ】「あぁぁぁ、なんか変! アソコがすごく熱いですぅぅぅ!」“タコさんクリ舐め”で人妻さん激イキ!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

 彼女と目が合ったので、わずかに口角を上げて笑顔を作ると、そのままゆっくり近づき声をかけた。


「シオリちゃんかな?」

「は、はい。そうです」

「さっきサイトで約束させてもらったショーイチだよ。今日はよろしくね」

「こ、こちらこそお願いします」

「ここだと話しにくいから、ちょっと歩きながら話そうか?」

「はい」


 こうして、線路沿いの道をホテル街に向かって歩き始めた。

 微妙な距離を保ちながら、会話を再開させる。


「シオリちゃんは、よく池袋に来るのかな?」

「そうですね。月に数回くらい、買い物で来ますね」

「知り合いに見られたら大変だから、もう少し離れて歩こうか?」

「フフフ。これくらいの距離で大丈夫だと思います」

「それじゃあ、これ以上近づかないように気をつけるね」

「ありがとうございます。優しいんですね」

「い、いや。シオリちゃんが困るといけないと思って」

「気を使ってくれて、ありがとうございます」

「う、うん。ちなみに、シオリちゃんは俺みたいなので大丈夫?」

「えっ?」

「ほら、いまラブホに向かってるけど、嫌ならここで断ってもらってもいいんだからね」

「ぜ、全然大丈夫ですよ! それより、ショーイチさんのほうこそ私で大丈夫ですか?」

「もっちろんだよ。嫌だと思ったら声をかけずにダッシュして逃げてたよ」

「えっ、そんなことするんですか?」

「実際に逃げ出したことはないけど、無理だと思ったら正直にゴメンって伝えるかな」

「そうなんですか」

「それにほら、さっきから俺ってニコニコしてない?」

「は、はい」

「シオリちゃんが綺麗でエロそうだから、テンション上がってるんだよ」

「え、エロそうですか?」

「あっ、ゴメン! 言葉が悪かったね。セクシーって意味だよ」

「フフフ。ありがとうございます」

「それじゃ、このままホテルに向かうってことでいいんだね」

「はい。お願いします」


 この時、筆者の懐具合はかなり寂しく、できることなら激安のラブホを選びたかった。

 しかし、「ラブラブな感じで楽しみたいです(ハート)」というフレーズが頭から離れない。

 下手にチープなホテルを選んだら、彼女のテンションがガタ落ちするかも…。そうなったら、

期待していたラブラブエッチが楽しめないではないか!


 結局、中級クラスのラブホテルにチェックインした。


『KANBi専属 異常な美スタイルと異常な性癖の36歳水泳インストラクター人妻 春名葵AVデビュー 超規格外!! 変態人妻解禁!』

36歳の変態人妻!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー着エロギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週