ススキノの店舗型メンズエステで素人ギャルに癒されまくり【俺のフーゾク放浪記・札幌編】

『エステ倶楽部ひな』


 ボーイに誘われ店内へ。カーテンを開けると、ビックリ仰天! めちゃカワイイ!!


「こちらへどうぞ。荷物お持ちします」


 手を繋ぎながら奥の部屋まで連れて行ってくれる。Mちゃん、24歳、旭川出身だという。AKB48の小嶋●菜そっくり。小柄で可愛らしい天然の道産子娘だ。


「シャワーへどうぞ」


 服を脱がせてもらってからシャワールームへ。Mちゃんは制服のワンピースを着たまま、背中や肩、そして股間まで優しく洗ってくれる。


「今日、東京から来たの? 疲れてるでしょ。ゆっくりしてくださいね」


 おっとりとした口調がまたキュートで愛らしい。まるで子猫のようだ。

 

ススキノ


 ベッドにうつ伏せになるとアロマオイルで柔らかく背中をマッサージ。


「肩、凝ってますね~。荷物が重いから」


 とりとめのない会話を楽しみながら背中から肩まで揉みほぐしてもらい、仰向けに。股間の回りを性感マッサージしてくれてから、ローションを付けてヌルヌルとイチモツを愛撫してくれる。これは気持ちよすぎる!

 乳首を弄られながら親指で巧みに竿を擦られると、敢えなく大昇天してしまった。


「平日は営業の人とか多いかな。この間78歳のおじいちゃんが来たよ。でも、アイドルの話とかして、すごく若いの(笑)。石原さとみが好みだって」


 このコはなんて可愛いんだろう。真から都会スレしていないのだ。のんびりとした口調を聞いているだけで癒される。ススキノの女のコは最高である。レベルの高さは日本一、そう確信して店を出る。ススキノの店舗型エステは癒し系の美形娘に出会える穴場店であった。

(取材・文=生駒明)

※記事内の名称や金額などは取材時のものです。すでに変更の場合もあります。ご了承ください。

 

【生駒明(いこま・あきら)】
1973年、愛知県生まれ。全国各地の歓楽街に足に運び、地方の風俗情報に明るい。長年にわたって「俺の旅」を世に送り続けてきた日本屈指の風俗通。現在も「俺の旅」のウェブ版となる『俺の旅web』(※)を更新中。 

※『俺の旅web』
雑誌「俺の旅」のwebコンテンツ。全国の風俗情報のほか、生駒編集長による「俺の旅」の名物企画を振り返る記事なども配信している。気になる方はぜひチェックしてほしい。トップページはコチラ

men's Pick Up

風俗関連トピック