メンズサイゾー >  人気記事まとめ >  セフレと寝起きエッチ  > 3ページ目

【ネットナンパ】「硬いぃぃぃ! も、もっとかき混ぜて!!」寝起きエッチでセフレOL絶叫!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  


「狭いところでゴメンね」

「わぁ、綺麗にしてるんですね」

「狭いから掃除も簡単だしね」

「狭くなんかないですよ。私のアパートなんかよりずっと広いですよ」

「そうなんだ」

「あれ? 換気扇がつけっぱなしですよ」

「ほら、俺ってヘビースモーカーでしょ? 今日はR子ちゃんが来るから、朝からずっと換気扇を回してるんだ」

「フフフ。そういうところ、ショーちゃんらしいなぁ」

「えっ?」

「そんなところまで気が回る男性って少ないですよ」

「そ、そうかなぁ」

「エッチの時もすごく気を使ってくれるのが伝わるし…」

「そんなに褒めないでよ。照れくさくなっちゃうからさ」

「フフフ。照れてるショーちゃんも可愛いですよ」


 ノリノリで褒め殺してくるR子ちゃん。お株を奪われてしまったようで、なんとも歯痒い。

 それにしても、3年近くのブランクを感じさせない距離の詰め方には驚かされた。元から人懐っこい性格ではあったが、まるで先週もデートしたようなノリだった。


「とりあえず、コーヒーでも入れるから座ってよ」

「はい」

「あっ! その前に、洗面所を教えるね。俺が先に手洗いとうがいをするから、R子ちゃんも使ってね」

「はぁい」


 彼女が洗面所を使っている間にコーヒーを入れる。普段は安いインスタントコーヒーを飲んでいるが、見栄を張ってペーパードリップコーヒーを用意していた。


「ねぇ、R子ちゃん。砂糖とミルクはどうする?」

「それじゃあ、ミルクだけお願いします」

「了解。そこに座って待っててね」

「ねぇ、ショーちゃん。このドアの向こうは何?」

「そっちは寝室だよ。覗いてもいいよ」

「フフフ。どうしよっかなぁ。やっぱり後にしておくね」

「どうして?」

「あとのお楽しみにしたいから」

「ハハハ。俺と同じで、好きな食べ物は最後にとっておくタイプだね」

「フフフ。そうですね」


『市川まさみ 寝起きからおやすみまでいつでもどこでもオナニーのお手伝い[DVD]』

生活感、重要

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー着エロギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週