メンズサイゾー >  人気記事まとめ >  ネットナンパ >  ネットナンパ:ボーイッシュな20歳  > 7ページ目

【ネットナンパ】「イッたばかりなので、なんか怖くって…」セックスでのエクスタシーを知らないボーイッシュな20歳の学生


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

 室内の暗さからカタチや色までは分からなかったが、ゆずチャンのアソコは陰毛が少なめで、舐めやすい感じだった。

 すでにしっとり濡れ始めていたので、最初から本気クンニを叩き込んでいく。

 舌でクリトリスを弾いたり、下唇で尿道口を刺激したり、膣口に舌を挿入しながら鼻先でクリトリスをコネコネしたり…。いままで培ったテクニックを出し惜しみすることなく披露する。

 ゆずチャンの反応も上々で、腰を不規則にヒクヒクさせながら可愛い声で鳴きまくった。

 頃合いを見て指を入れようとした矢先、


「あぁぁぁ、イッちゃうぅぅぅぅぅ!」


 と、ゆずチャンが大絶叫。オナニーでしかイクことを知らなかったゆずチャンに、クンニでの絶頂を体験してもらえたようだ。

 だが、筆者はまだまだ攻め足りない。クンニのフルコースで言えば、まだ前菜を出したばかりだ。

 エクスタシーの余韻を軽く味わってもらってから、クンニを再開させようとマンコに顔を近づける。すると突然、


「こ、これ以上はダメっ!」


 と、ゆずチャンが強い口調で止めた。


「どうしたの? 痛くなっちゃった?」

「い、いいえ。い、イッたばかりなので、なんか怖くって…」


 なるほど、そういうことか。

 きっと彼女はオナニーで一度イッたら満足するタイプで、連続でイクことに恐怖を感じているのだろう。

 ここは“優しいお兄さんキャラ”に徹して、要望に応じてあげたいところ。しかし、

クンニ大好き人間としては、どうしても舐めたりない!


 ということで、優しく説得してみることにした。


「連続でイケたらもっと気持ちいいかもよ。ゆっくり舐めるから、挑戦してみようよ」

「ご、ごめんなさい。やっぱり怖いです」

「怖いことなんてないよ。ゆずチャンが止めれば、すぐに舐めるを止めるからさ」

「そ、それでも、時間を空けないと無理そうです」

「そ、そっかぁ。もっと舐めたかったなぁ」

「それじゃあ、今度はショーイチさんが気持ち良くなってください」

「交替しようってこと?」

「はい。気持ち良くしてくれたお礼がしたいです」

「ありがとう。それじゃあ、お任せするね」


 こうして、筆者がベッドの上で仰向けになり、ゆずチャンの攻めを受けることになった。


『超敏感クリ乳首の逸材AVデビュー 触れるだけでビクビク痙攣ヌレする全身性感帯「もうイッてるってば…ダメぇ壊れちゃう」集中チクビ責めでイキ狂う変態覚醒ドキュメント ショートカットゆきちゃん』

ショートカット美少女、最高!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー着エロギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週