>   >   >  濃厚愛撫にマン汁を流して喜ぶ20代OL  > 8ページ目

【ネットナンパ】「え? ま、まだしてくれるんですか?」欲求不満気味な20代OL、濃厚愛撫にマン汁を流して喜ぶも…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  



「えっ、う、嘘っ、も、もうイッちゃいそうですぅぅ」

「もっともっと愛してあげるから、いくらでもイッていいんだよ」

「う、嬉しいぃぃぃっ! アあぁぁ、いい、イイっ、イイィィィィィィっ!!」


 ショッカーの戦闘員のようにカン高い声をあげながら絶頂に達するミツキちゃん。

 それでもクンニはまだ始まったばかり。お次は、舌を膣穴に挿入してホジホジしながら、鼻先でクリトリスを弾く番だ。

 しかし、ここでミツキちゃんが、


「私ばっかりされてるなんて嫌です!」


 と言ってきた。


「ん? どういうこと?」

「し、ショーイチさんにも気持ちよくなってほしいです!」



はぁぁぁぁ、ぼ、ボカぁ、幸せだなぁ…。


 この言葉に、視界に入るものすべてが輝いて見えるハイの状態に突入してしまった。

 とはいえ、もっともっとミツキちゃんのマンコを舐めていたいし…。


「それじゃあ、シックスナインしようか?」

「は、はい!」


 こちらの提案に、ミツキちゃんは迷わず乗ってくれた。

 体勢を入れ替え、筆者が下になる状態でのシックスナインを始めることに。

 この頃には室内の暗さに目も慣れていて、ミツキちゃんのマンコも肛門もよく見えた。

 彼女の肛門の周囲には毛が一切なく、実に美味しそうだった。


この肛門も舐めてあげたい!!


 そんな欲求に駆られたが、シックスナインの体勢だと身長差の関係で舐めることができそうになかった。

 ということで、仕方なく通常のクンニでご奉仕することにした。

 ミツキちゃんのフェラは残念ながらガムシャラ系だった。指で根元をシゴキながら、舌先で先端をレロレロと勢いよく舐めまわしてきた。

 これは過去の男たちに仕込まれたものだろう。決して下手なフェラではないが、筆者は苦手だ。なぜなら、

フェラを楽しむ間もなく、あっという間に発射に導かれてしまうからだ!


『シロウト制服美人BEST 8時間 Volume.01 AVに自ら応募してきた美人若手OLに計92発容赦なくぶっかける!!』

OLさんのAVは鉄板のエロさ!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週