メンズサイゾー >  人気記事まとめ >  エロ体験談 >  【エロ体験談】看護学生がHでド豹変  > 4ページ目

【エロ体験談】キスをした瞬間に豹変した看護学生


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

 少し黙ってみることにする。そうすると、しおねちゃんも黙ったままだった。どうやら向こうから話しかける、ということはないらしい。

 その後、


「しおねちゃん、こっち向いて」


 と言ってみる。彼女は恥ずかしそうにこっちを向いた。それから、


「目をつぶってみて」


 と言うと、彼女は閉じる。素直だなあ、と思わず感心しながらも、さらに彼女のことがわからなくなった。

 僕は目をつぶったしおねちゃんに顔を近づけて、右手で優しく髪の毛を撫でる。そして軽くキスをした。

 ここからがすごかった。

 今までのしおねちゃんが嘘のような、まるで別人になったみたいに激しく僕を求めてきたのだ。

 しおねちゃんはすぐさま舌を入れてきて、僕の口内をかき回す。


「はぁ、はぁ、んん」


 喘ぎ声を出しながら、しおねちゃんのディープキスは激しさを増す。彼女は僕の顔を両手で持ち、自分の方に引き寄せて激しく僕の舌を吸ってきた。

 


『美人で巨乳で人妻で!!! いつも喘ぎ声をガマンしてる巨乳妻のド淫乱豹変SEX!!!』


こちらもド豹変!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週