【ネットナンパ】「す、すっごい! すっごく気持ちいいの!! 焦らさないで、入れてください!」諦めていた女心に火がついたセックスレス10年の人妻読者



ドキっドキドキドキんッ!

デート前にこれほど緊張するのは何年ぶりだろう。

見知らぬ男の部屋を訪ねるデリヘル嬢の気分って、こんな感じなのか…。

 6階で降り、ドアの前で深呼吸してからチャイムを押す。


ガチャ。


 K美チャンは、ドアを少しだけ開けて顔を見せてくれた。

 もらった写メ通りの顔立ちだった。身長が150センチほどということで、背の低さも手伝って実年齢よりずっと若く見えた。


「あ、あ、あの、き、きょうはありがとうございます!」


 緊張のせいか上手く舌が回らないようだ。

 こういう時は、まずリラックスしてもらうことが大事なのだ。

 いつもの2割減くらいのスローペースで、ゆっくり話しかける。


「ショーイチです。こちらこそありがとう。今日はよろしくね」


 室内はそのまま土足でも大丈夫そうだったが、玄関スペースに彼女の脱いだ靴があったので、それに倣い、備え付けのスリッパに履き替えた。

 そこは8畳ほどの広さで、半分近くをベッドが占めているタイプの部屋だった。

 彼女をベッドに座らせ、筆者は物書き用の机の前に置かれていた小さな椅子に。

 緊張でガチガチになっている女性に対し、いきなり物理的に距離を縮めるのは危険だからだ。


「よ、よかったらタバコ吸ってください」


 椅子に座り向き合うと、K美チャンはそう切り出してきた。

 筆者がヘビースモーカーなのを知っていて、わざわざ喫煙できる部屋をとってくれたようだ。


「喫煙OKの部屋にしてくれたんだね。ありがとう。K美チャンもタバコ吸うのかな?」

「いいえ、私は吸いません」

「旦那さんは吸うの?」

「い、いいえ」

「それじゃあ、この部屋でタバコは吸わないでおくよ。服とか髪に匂いがついたら大変だからね」

「えっ、いいんですか?」

「大丈夫だって。来る前に吸い貯めしてきたからさ」


 本当は駅からホテルまで一直線で来たので、吸い貯めなんかしてない。しかし、人妻の女性読者を相手にするなら、これくらいの心配りは必要不可欠なのだ。

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. 4コマグラビア
  2. 所沢ショーイチ
  3. トコショー
  4. ドスケベ女の性事情
  5. 元デリヘル店長の回想録
  6. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート
  7. ヘンリー塚本
  8. 風俗体験談
  9. 世界一周エロ旅
  10. 唯井まひろ
  11. セフレとのエッチ

men's最新記事