>   >   >  セックスレス10年の人妻読者  > 3ページ目

【ネットナンパ】「す、すっごい! すっごく気持ちいいの!! 焦らさないで、入れてください!」諦めていた女心に火がついたセックスレス10年の人妻読者


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  



ドキっドキドキドキんッ!

デート前にこれほど緊張するのは何年ぶりだろう。

見知らぬ男の部屋を訪ねるデリヘル嬢の気分って、こんな感じなのか…。

 6階で降り、ドアの前で深呼吸してからチャイムを押す。


ガチャ。


 K美チャンは、ドアを少しだけ開けて顔を見せてくれた。

 もらった写メ通りの顔立ちだった。身長が150センチほどということで、背の低さも手伝って実年齢よりずっと若く見えた。


「あ、あ、あの、き、きょうはありがとうございます!」


 緊張のせいか上手く舌が回らないようだ。

 こういう時は、まずリラックスしてもらうことが大事なのだ。

 いつもの2割減くらいのスローペースで、ゆっくり話しかける。


「ショーイチです。こちらこそありがとう。今日はよろしくね」


 室内はそのまま土足でも大丈夫そうだったが、玄関スペースに彼女の脱いだ靴があったので、それに倣い、備え付けのスリッパに履き替えた。

 そこは8畳ほどの広さで、半分近くをベッドが占めているタイプの部屋だった。

 彼女をベッドに座らせ、筆者は物書き用の机の前に置かれていた小さな椅子に。

 緊張でガチガチになっている女性に対し、いきなり物理的に距離を縮めるのは危険だからだ。


「よ、よかったらタバコ吸ってください」


 椅子に座り向き合うと、K美チャンはそう切り出してきた。

 筆者がヘビースモーカーなのを知っていて、わざわざ喫煙できる部屋をとってくれたようだ。


「喫煙OKの部屋にしてくれたんだね。ありがとう。K美チャンもタバコ吸うのかな?」

「いいえ、私は吸いません」

「旦那さんは吸うの?」

「い、いいえ」

「それじゃあ、この部屋でタバコは吸わないでおくよ。服とか髪に匂いがついたら大変だからね」

「えっ、いいんですか?」

「大丈夫だって。来る前に吸い貯めしてきたからさ」


 本当は駅からホテルまで一直線で来たので、吸い貯めなんかしてない。しかし、人妻の女性読者を相手にするなら、これくらいの心配りは必要不可欠なのだ。


『結婚6年目 子供を預けてそのまま撮影スタジオまでママチャリで来た夫とセックスレスで欲求不満な団地妻AVデビュー 河菜つばき』


エロい人妻、最高!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週