【ネットナンパ】「あ、いぃ、い、イキそう、で、す」経験人数ふたりの“ほぼ処女”な新卒社会人! あまりのキツマンに…


「あっ!」


 さすがにこれは無視できない。指の動きを止め、すぐにトワちゃんに確認する。


「ご、ゴメン。これも痛かったかな?」

「い、いいえ。な、中も気持ちいいです」

「じゃあ、クリトリス舐めながら、中もイジっていいかな?」

「は、はい。お願いします」


 どうやら気に入ってくれたようだ。マン汁が分泌され続けていることを確認しながら、小指での手マンとクリ舐めを続行する。

 すると、数分もしないうちに反応が現れた。


「しょ、ショーイチさん! またイキそう!」

「いくらでもしてあげるから、好きなだけイッていいんだよ」

「は、は、はいっ! いぃぃぃぃぃぃぃっくぅぅぅぅぅぅ!!」


ギチギチギチっ!


 絶叫とともにマンコの締まりが増し、小指が痛くなった。下手な角度だったら突き指していてもおかしくないくらいだった。


くっくっく! これだけ感じやすいなら、チンコでイカせることも難しくないかも…。


 この勢いに任せ、チンコを挿入することを決意した。


「じゃあ、コンドームを着けるから、挿入するね」


 そう声をかけてからゴムを装着し、正常位の体勢で挿入を試みる。


あ、あれれ?


 なかなか挿入することができなかった。

 手マンしていたので膣口の位置を見誤るわけはない。濡れも十分なので、挿入できないわけがないのに…。

 ここでふと気づいた。挿入に恐怖感があるのか、トワちゃんの下半身は硬くなっていて、股を閉じようと力がこもっていたのだ。


「トワちゃん、力を抜いてごらん」

「は、はい」

「いきなり根元まで入れないし、乱暴に動かしたりしないから俺を信じて」

「わ、分かりました」


 この言葉で、足のこわばりが緩んだ。

 そのチャンスを見逃さずに腰を前に押し出すと、


ニュルヌルん


 亀頭がスポッとマンコに飲み込まれた。

 まずは一安心。ここまできて挿入なしで終わるという結末は避けられた。

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. ドスケベ女の性事情
  2. 風俗体験談
  3. 所沢ショーイチ
  4. 世界一周エロ旅
  5. 元デリヘル店長の回想録
  6. パンチラ連載
  7. トコショー
  8. セフレとのエッチ
  9. 初体験の思い出
  10. 茅原まおみ
  11. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート

men's最新記事