メンズサイゾー >  人気記事まとめ >  ネットナンパ >  “ほぼ処女”な新卒社会人と…  > 4ページ目

【ネットナンパ】「あ、いぃ、い、イキそう、で、す」経験人数ふたりの“ほぼ処女”な新卒社会人! あまりのキツマンに…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

 ここで歩く速度をわざと緩めてトワちゃんの注意を引き付けると、極力真面目そうな顔で話しかけた。


「ありがとう、トワちゃん」

「え?」

「俺みたいなのを信用してくれたんだね。その信用は絶対に裏切らないからね」

「は、はい」


 ちょっと芝居がかっているが、20数年前の羽賀研二ばりに目いっぱい誠意をアピールした。


「ショーイチさんって、変わってますね」

「そ、そうかな?」

「はい。女性を扱うのに慣れている感じですよね?」

「そんなことないって。今は結構無理して頑張ってるんだよ」

「ほ、本当ですかぁ?」

「うん。街でナンパしたことなんて一度もないし、プライベートでも職場でもまったく女性に縁がないんだ」

「そうなんですかぁ」

「あっ! でも安心してね。無理はしてるけど、トワちゃんに会ってからここまで一度も嘘はついていないからね」

「フフフ。分かりました」


 ようやく笑顔を見せてくれたトワちゃん。だが、油断は禁物だ。

 なにしろトワちゃんにとって、これが初めての出会える系サイト遊び。射精するまで気は抜けない。エロい話題を振らず、そのまま世間話しながら歩くことにした。

 ホテル街に到着し、愛用している中級クラスのラブホテルに入った。

 フロント脇のパネルボタンを押し窓口でキーを受け取っていると、トワちゃんが自分のカバンをごそごそし始めた。

 何事かと思ったら、財布を手に「私も半分出します」と言い出した。


「な、なに言ってるの? 大丈夫だよ。こういうのは年上の男が払うものなんだよ」

「そ、そうなんですか」

「うん。だから早くその財布をしまって」

「は、はい」


 トワちゃんは、男性とラブホテルに入った経験も少ないようだ。

 

こんなウブなコの肉体を今から好き勝手できるなんて!

 

 キーを受け取ってエレベーターに乗り込んだ時には、前かがみにならざるを得ないくらいギンギンになってしまった。


『「まだチョッと痛いんです…」必死でセックスを頑張る、ほぼ処女娘の顔も膣も、精液まみれに汚してやった…小川ましろ』

頑張り屋さん?

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー着エロギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週