【ネットナンパ】「これ以上イッたら、歩いて帰れなくなっちゃう!」性欲が強すぎるFカップの人妻さん!

 起き上がってコンドームを装着し、正常位の体勢で挿入。

 上半身を起こし、腰を落としながらピストンを始める。

 この体勢だと、キンタマが圧迫されて発射を少しだけ遅らせることができるのだ。

 さらに、チンコの角度が上を向く形となるので、亀頭をGスポットにブツけることも可能な体位なのである。


「ああ、おチンチンも気持ちいいです!」


 手マンの時に彼女の敏感ポイントを把握していたので、そこを重点的に突く。

 しかし、ユルマンのせいか、いまいち気持ち良くなれなかった。

 こうなったら、上半身を密着させ、シホちゃんのFカップバストを胸板で感じながら腰を振るしかなさそうだ。

 ゆっくりと上半身を倒し、互いの胸が密着する体勢をとる。

 この時、ふたりの顔が近づいたのだが、シホちゃんはプイッと横を向いたりはしなかった。


おろっ? これって、もしかしてアレじゃね?


 試しに、唇をゆっくり彼女の唇に近づけていく。すると、


そのまますんなりとキスできてしまった!


 始めのうちはキスを嫌がっていても、エッチの後半になると受け入れてくれるというのも稀にある話だ。気持ち良さのせいで理性のタガが緩み、さらなる快楽を求めているのかもしれない。

 唇が触れ合った瞬間、シホちゃんのほうから舌をこちらの口内に挿し入れてきた。


ディープキスまで仕掛けてくるとは!

はわわわぁぁぁ、気持ちいいなぁ…。


 ディープキスしながらのピストンは大好物で、ユルマンであっても発射の前兆が急激に襲ってきた。


「も、もうダメ! 我慢できないよ!」

「え?」

「い、イクよっ!!」


 ディープキスしながらラストスパート。そして、発射!


ふぅ。


 発射後も、ディープキスしながら腰をゆっくり動かし、余韻を味わう。

 チンポが萎み始める前に引き抜いてコンドームを処理する。


「ゴメンね。挿入でイケなかったでしょ?」

「そ、そんなことないです。気持ち良くて、満足できましたよ」

「ありがとう。それなら良かったよ」

「こちらこそ、ありがとうございます。やっぱりショーイチさんにお会いできて良かったです」


 キスNGのエッチになると覚悟したが、結局は濃厚なディープキスを堪能することができた。その落差が激しかった分、筆者の満足度も相当なものだった。

 その後、帰り支度をしながら連絡先を交換し、再会を約束。駅の改札付近までシホちゃんを送り、デートは無事に終了した。

 こちらから彼女に連絡することは、まずないだろう。しかし、もしシホちゃんのほうから誘ってきたら、応じてあげるしかないだろうなぁ。
(文=所沢ショーイチ)

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. ドスケベ女の性事情
  2. 風俗体験談
  3. 所沢ショーイチ
  4. トコショー
  5. 世界一周エロ旅
  6. 元デリヘル店長の回想録
  7. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート
  8. 初体験の思い出
  9. セフレとのエッチ
  10. パンチラ連載
  11. 唯井まひろ

men's最新記事