【エロ体験談】ダメ元で誘った美容師とセフレになる

 だが、なかなか距離は縮まらない。自分のLINEのIDを書いたメモを持っていくも、緊張したり話せなかったりで渡せなかった。ようやく、「今日こそ絶対連絡先を交換するぞ!」と覚悟を決めて美容院に入ったが、あいにくその日は彼女がいなかった。

 次に行ったときも、その次に行った日もいなかったので、担当のお姉さんに「あのショートカットの新人さんはいなくなったんですか?」と聞いたら、「ああ。あのコね。もうやめちゃったよ」と言われた。

 連絡先を交換できなかったことを後悔した僕は、やけくそで担当のお姉さんにLINEのIDを教えて、美容院を後にした。

 翌日、お姉さんからLINEが入る。 鈴村あいり似のコと仲良くなることしか考えてなかった僕は、お姉さん相手では気が乗らなかったが、軽い気持ちで「飲みに行きましょうか」と誘ってみた。

 すると、すぐに飲みに行くことが決定。後日、居酒屋で飲んでいるときに「嫌われてもいいや」という気持ちで「家に行きたい」とお願いすると、お姉さんは快くOKしてくれた。

 酒の勢いもあって、部屋に入るなり後ろから抱きしめると「ダメだよ」と言われてしまう。しかしお姉さんはどこか嬉しそうで、僕はそのままキスをした。

 イヤがられるかと思ったが、実際はその逆でお姉さんのほうから舌を入れてくる。いよいよイケると思った僕はお姉さんの胸を揉んだ。お姉さんはすぐに僕の手を押さえたが、「お風呂に入ってからね」とシャワールームへ。僕は心の中でガッツポーズした。

 ベッドインしてからのお姉さんはさらに積極的で、自ら僕の上に跨ってきて腰を振り、お掃除フェラまでしてくれた。

 結局、その日は朝まで3回し、少し寝た後、お姉さんが仕事に行く前に1回した。

 この記事を見ている人の中で、ボーイッシュな女性を魅力的だと思う男性はどれくらいいるだろうか。  私はどちらかというと好きな方で、活発そうな見た目やサバサバしてそうな雰囲気、だが実際に話してみるといかにも女の子らしい一面が垣間見えたりする部分に惹かれてしまう。いわゆるギャップ萌えというやつだ。


men's Pick Up

人気コンテンツ関連トピック