「伝説のAKB初期メンバー」大島麻衣、下着姿解禁の8年ぶり写真集にファンの期待高まる

※イメージ画像:『大島麻衣写真集』徳間書店

 元AKB48でタレントの大島麻衣(30)が、9月10日に8年ぶりとなる撮り下ろし写真集(タイトル未定/徳間書店)をリリースする。久々のグラビア活動にファンが沸き立ち、早くも期待が盛り上がっているようだ。

 大島といえば、2005年にAKB48の1期生としてデビュー。グループ初期の中心メンバーとして活躍し、当時はエース級の存在として前田敦子(27)や大島優子(29)をしのぐ人気を誇っていた。

 2009年にAKB48を電撃的に卒業し、同年に「ミスヤングアニマル2009」に選出されるなどグラビア活動を展開。2010年にリリースした写真集『Fairy Tale』(ワニブックス)がヒットするなど、ソロ転向後も男性人気の高さを維持していた。

 また、タレントとしてバラエティ番組にも多数出演。グループ卒業後にAKB人気が絶頂になってしまったことから、有吉弘行(44)に「卒業する時期を間違えた」「戻った方がいい」とイジられるなどしつつも、おバカキャラで人気が沸騰。バラドルとして順風満帆に思えたが、最近はめっきりメディア露出が減少し、ファンは寂しい思いをしている。

 それだけに、久々となる写真集はファンにとって待ちに待った作品だ。今作はクラウドファンディング形式で制作されたが、ファンから目標額を大きく上回る350万円以上の支援金が寄せられた。いまだに男性人気が非常に根強いことを証明したともいえる。

men's Pick Up

ニュース関連トピック