鈴木ふみ奈、ミス・ワールドに挑む! グラビア界の大横綱が世界へ

※イメージ画像:鈴木ふみ奈Twitter(@suzukifumina)より

 長年にわたってグラビア界を牽引する鈴木ふみ奈(28)が、世界に羽ばたこうとしている。

 17日、『ミス・ワールド2018世界大会』に出場する日本代表選考会のファイナリスト30名が発表された。この30名に名を連ねたのが、鈴木だ。

 『ミス・ワールド』は1951年にロンドンで第1回大会が行われて以来、毎年開催されている世界3大ミスコンテストのひとつ。中でも最も歴史が長いのが本大会で、今年は68回目となる。今回の参加国数は過去最多の131カ国で、世界最大規模のミスコンだ。

 日本代表の募集にエントリーしたのは7210人。この中から選ばれた30名のファイナリストは、「品格」「知性」「タレント性」「美しさ」を競う審査会を経て、8月末に開催される『ミス・ワールド日本大会』に出場する。そこでグランプリに輝いた女性が、11月9日から12月8日にかけて行われる世界大会に挑む。

 鈴木はミス・ワールド公式HPの自己PRで、「募集を見たとき、自分の可能性を試したくなりました。外見の美しさだけでなく知性や個性も評価されることにも興味を持ちました」とコメント。ファイナリストの発表会では、「自分の強みであるグラビアを通して、世界と日本の架け橋的な存在になることができるように頑張りたい」と語り、「グラビアは日本の文化と言っても過言ではありません。それを世界に、もっと、もっと発信していきたい」と意気込んだ。

men's Pick Up

ニュース関連トピック