【ネットナンパ】ムラムラ発情中のOL! 事後に2回戦目を要求!! 

 しばしの休息を挟み、その後、攻守交替。

 数分ほどフェラしてもらったところでコンドームをつけ、彼女に四つん這いになってもらい、後背位で挿入した。

 これはもちろん、なべやかん似の彼女の顔を視界に入れないためだ。


ヘコヘコヘコ


 無心に腰を振っていると、時間と共にマンコの締まりが増してきた。


クックっく、イキそうになるとマンコの締まりが良くなるタイプだなこりゃ。


 その締まりのせいで、急に発射の前兆が襲ってきた。

 愛撫でさんざんイカせてるから、もうイッても構わないだろう。そう判断した筆者は、無言のままラストスパート!


「も、もうダメ! イクよっ!」


ふぅ。


 ラストスパートを始めて数秒ほどで、大量のザーメンをゴム内にブチ撒けることに。

 しばし余韻を味わってから、チンコを引き抜き、後処理を始める筆者。

 するとここで、ワカナちゃんから予想外の一言が。


「ショーイチさんって、連続でデキる人ですか?」

「え?」

「もしできるんでしたら、お願いしたいです…」


な、なんと、まさかのお代わりの要求だ!


 しかし、この時はもう限界だった。

 難攻不落と思えたクエストを達成した満足感でいっぱいだったし、いくら筆者が性の権化でも、なべやかん相手に連続2回戦はあまりに難易度が高すぎる。


「ゴメンね。連続では無理なんだ」

「そ、そうですか…」


 ワカナちゃんは、すんなり諦めてくれた。

 その後、別々にシャワーを浴び、帰り仕度を始めた。

 “連絡先を聞かれたらどうしよう”とビクビクしたが、無言で着替える筆者の気持ちを察したのか、それはなかった。

 ホテルを出てすぐ、「じゃ、俺はこっちのほうだから」とJR新宿駅の方向と逆に向かって歩き始める筆者。

 ワカナちゃんは何か小声でしゃべっていたが、聞こえないふりをして足早にその場を後にしたのだった。

 エッチそのものは楽しめたが、今になって考えれば、苦行以外の何物でもなかった今回のデート。

 我ながらなんという精神力なのだろう。もしかしたら、筆者は出会える系サイト遊びを通じて、「心頭滅却…」の境地に達しているのかもしれないなぁ。
(文=所沢ショーイチ)

men's Pick Up