ソープ界のレジェンド目指すマット職人! 意外すぎる前職に驚き

20180315fzno102.jpg

 
――どんなプレイが好きですか?

ましろ:やっぱり、マットが。

――出ましたね(笑)。なんでマットプレイが?

ましろ:一番テクニックが見せられるじゃないですか。最初のお店が長いコースしかなくて、マットしかやらない感じだったんですね。でも、今のお店は、基本的に短いコースのお客さんが多くて、お客さんに聞くと、マットはしたことはないとか。この料金だと、できないお姉さんが多いらしくて…。

――短時間だと難しいですよね。

ましろ:やったことないお客さんにはマットをオススメしてるんですね。前に一度やってあげた時に「すごい! こんなのがあったんだ。今まで全然知らなかった!」ってすごい感動してくれて、それが嬉しかったです。

――ほほー。マット以外に変わったプレイは?

ましろ:私は基本的にSキャラな感じなのでMなお客さんが多いんですけど、暴言を吐いて欲しいとか、顔面にツバを吐いて欲しい、顔面叩いてほしい、足で蹴ってほしい、そういう感じです。あと、プリンの口移しとか(笑)。

――それは応えてあげたんですか?

ましろ:きついですね(笑)。私が噛み砕いてお兄さん(お客さん)にあげて、お兄さんが噛み砕いてまた私にくれるみたいな。

――ゲッ、それはちょっと。彼氏でも嫌だよね(笑)。そんなことを含めて、風俗に入ってから他にどんな苦労がありましたか?

ましろ:なかなかその…、いろんなお客さんがいるじゃないですか。 みんなに合わせていくのが1番売れるというか、人気が出る秘訣なんでしょうけど、わたしはなかなかそれができなくて…。

――それはそうですよね。

ましろ:それで、お客さんが減ってしまった時期もあったんです。どうしようかなと結構悩んで…。いるんですよ、帰りたくないとかいろんな客さんが。私が融通を利かせられたら、また指名で帰って来てくれたりするんでしょうけど、自分の中でボーダーラインがあって、それを超えてこられると、「すいません」みたいな感じがあって…。

 一人OKしてしまうと、みんなにやらなきゃいけないんじゃないかって、頭が固いのでそう思ってしまうんですよ。ひとり、お風呂に入りたがらないお客さんがいらっしゃったとして、即即プレイをやったら、ひょっとしたら全員やらなきゃいけないという風に思えちゃって。それを常連さんに相談したら、「ましろさんは、ましろさんでいた方がいいんじゃない」と言われて、「あ、それでいいんだって」。

――じゃあ、ルールどおりの方法でお願いしてるってことですか?

ましろ:そうですね。お客さん側からすると、風俗って、同じ料金を払ってても、女のコによってプレイ内容が全然違うじゃないですか。そうすると、やっぱりサービスが多いコの方が指名がもらえると思うんですよ。ランキングとかも、正直最初は気にしてたんですけど、今はいいかなと(笑)。自分は自分。こんなプレイでも来てくれてるお客さんを大事にしようと。

――その辺で悩んでいる風俗の女のコって、すごく多いでしょうね。そこに気づいたのは、入ってからどれくらいですか?

ましろ:最近です。今まではトントン拍子に来てたんですけど、お店が変わることによってお客さんの雰囲気もやっぱり変わるんですよ。ここはショートコースのお客さんが多いんですけど、「他の姉さんはこれでやってるよ」みたいな感じで言われると…。

――頑固さというのは短所なのかな。でも、それをうまく長所に転換してるじゃないですか、お客さんが戻ってきてくれたっていうのは。

ましろ:柔軟性がないというか、自分が思ってる通りにならないと嫌なんでしょうね(笑)。

 
※本サイト「メンズサイゾー」(https://www.menscyzo.com/)に掲載されているイラスト・写真・文章の無断転載を固く禁じます。

men's Pick Up

風俗関連トピック