ソープ界のレジェンド目指すマット職人! 意外すぎる前職に驚き

 

20180315fzno103.jpg

 
――そもそも風俗を始めたきっかけは何だったんですか?

ましろ:元々性欲の方が強くて…。

――エッチが好きだったんですか?

ましろ:そうです(笑)。わたし、元刑務官なんですけど、家が堅いんですよ。

――えっ、刑務官て刑務所の?

ましろ:そうです(笑)。

――珍しい経歴のソープ嬢さんですね。

ましろ:小さい頃から勉強勉強の毎日で、反抗期っていうのがなかったんですけど、実はギャルとかを見て憧れがあったんですね。

――自分もあんな風にしてみたいと?

ましろ:そうですそうです(笑)。それで、16歳ぐらいの時に親に内緒でエッチなサイトを見て興味を持って、隠れて遊ぶようになったんです。親に内緒でやっているという快感や、表ではいい顔をして、裏では遊んでいる感じが自分では結構刺激があったんです。

――エッチにのめり込んでいったと(笑)。デリヘルを始めたきっかけは?

ましろ:公務員を辞めて昼職で働いてた時なんですけど、あまりお金がなかったので、週に1回ぐらい。でも、親にバレそうになったんで1カ月ぐらいで辞めちゃったんですけどね。それから途絶えてたんですけど、2年ぐらい前に上京した時に、友達の影響とかもあってこっちの方に。

――その時はソープとか分かってたんですか?

ましろ:いえまだ(笑)。吉原も知らなかったです。

――じゃあ、何故デリヘルじゃなくてソープだったんですか?

ましろ:友達に紹介されたのが吉原だったんです。ベテランの方々ばっかりのお店で。

――いわゆる熟女店? じゃ、ダントツで若かったんじゃないですか?

ましろ:そうです。そこで先輩方に手取り足取り教えていただいて。60代の方だったんですけど(笑)、それまでは、風俗ってヤルだけのお仕事だと思ったんですけど、実は奥が深いなと。そこから吉原が好きになって…。

 
※本サイト「メンズサイゾー」(https://www.menscyzo.com/)に掲載されているイラスト・写真・文章の無断転載を固く禁じます。

men's Pick Up

風俗関連トピック