「エロすぎて二度見」川崎あや、セーラー服×ハイレグの超セクシー衣装で男性読者を悩殺


 川崎は2014年ごろからレースクイーンとして活動し、身長167センチ、スリーサイズ上からB80・W52・H88センチのスラリとした極上プロポーションを武器にグラビアにも進出。2015年にリリースされたイメージDVD『はにかみ天使』(竹書房)がAmazonのアイドルDVDランキングで1位を獲得したことで、グラビアファン大注目の存在となった。

 2016年には「ミスFLASH」のグランプリを獲得し、今年2月には大胆な「髪ブラ」の表紙が印象的なファースト写真集『触れてくれますか』(双葉社)を発売。順調にグラドルとしての階段を上ってきたが、ついにメジャー系漫画誌の代表格ともいえる「ヤンジャン」の表紙を飾ったことでブレイクを確定的にしたといえる。

「ウエスト52センチの驚異のくびれはグラビア界でも屈指の美しさ。さらに今回のグラビアによって、むっちりとしたお尻の魅力も男性読者に広まったといえそうです。衣装の露出度はかなり攻めていますが、それをまったく下品に感じさせないのが最大の強み。上品なお嬢様系のルックスが『清楚なのにエロい』という絶妙のテイストを可能にしており、他に類のないタイプのグラドルといえます」(アイドルライター)

 人気漫画『名探偵コナン』(小学館)の大ファンだという川崎は、写真集発売イベントで「『週刊少年サンデー』(同)の表紙でコナン君と共演したい!」と大きな目標を語っていたが、このグラビア支持の高まりによって実現の可能性はグッと上がったといえそうな気配。今後はさらに人気が沸騰し、漫画誌やグラビア誌の表紙を次々に飾っていくことになりそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops

men's Pick Up

ニュース関連トピック