“今、愛人にしたいグラドルNo.1”森咲智美、破壊力抜群の初パイスラ・ショット!


 かつてはいわゆる“フェチ本”として出版されるなど元々人気の高いパイスラッシュだが、グラビア業界で高い人気を誇る2人が立て続けに披露したことで再注目されるカタチとなった。倉持が部長を務めるグラドル自画撮り部は現在500名の部員を抱え、他のグラドルたちが今後続々と追随することも予想されるだけに、倉持や森咲が旗手となって同部員たちをモデルにしたフェチ写真集リリースなどにも期待したいところだ。

 “紐で肉体美をアピール”という点では、先月22日にリリースした最新イメージ作品『Pandora』(竹書房)で自身初となるSM風シーンに挑戦した際の「ハムの紐のような水着」でもファンを興奮させた森咲。同作品では他にも露出激しいY字ハイレグ水着やノーブラショットなどを披露して反響を呼んだが、今後も“今、愛人にしたいグラドルNo.1”というキャッチフレーズが似合う刺激的かつ色気たっぷりな姿で楽しませてくれそうだ。

men's Pick Up