オイルを塗ったような光沢感がエロい! ラバーフェチモデル・北見えり、キャットスーツ姿でファン魅了


 今年6月に主催した『ラバー写真展』では、同写真集からのカットを1030×1456mmに拡大したものを筆頭に、大小様々なサイズのパネルを50点以上展示。企画の成果を発表すると同時に、会場内でファンに直接おもてなしすることで感謝の気持ちを伝えた。また、会場内にはラバー素材のグッズ物販や記念撮影スポットが設けられ、興味があってもなかなか足を踏み入れづらいコアな世界への敷居を下げる役割も果たしたようだ。

 “ラバー布教家”として精力的に活動する北見だが、萌え系アニメキャラのコスプレイヤーとしての一面もあり、愛らしい姿を撮影会などで披露している。そうかと思えば、『性癖を語ろう!』というファン参加型のイベントを開催。その多面性も魅力になっている。

 同企画はその名の通り“参加者が性癖を語り尽くす”というもので、今年7月に第1回目が行われた際には、北見も「色んな性癖をお持ちの方がいました」と大いに刺激された様子。そして、「よりディープに行きます」と宣言され今月15日に開催された2回目も盛況だったようで、早くも来年1月には3回目の開催が決定している。元々、メーカーのモデルを依頼されたことによりラバー愛に目覚めたという北見なだけに、ファンに触発されての新たなフェチ覚醒にも期待したいところだ。

men's Pick Up

ニュース関連トピック