【エロ体験談】俺の女友達は“セックス上戸”


「シャワーとか浴びなくていいからさ、早くしようよ」

 
 ナオコが俺のズボンを脱がしてくる。俺も彼女の服を脱がす。そのまま倒れ込むようにベッドに入る。シックスナイン状態でお互いのアソコをヌレヌレにしたら、いざ挿入。

 ナオコとはゴムをするのが決まり。理由はシンプルで、「病気になりたくないから」だという。それは俺も賛成で、この日もきっちりゴムをつけて2発かました。

 そんな感じで俺はそこそこ可愛いコとセフレ関係を楽しんでいる。

 だが、ちょっと困ったことがひとつある。先日、ナオコを飲みに誘ったら、「その日はダメ。少し前に知り合った年下の男の子と飲みに行くんだ」と断れたのだが、そのとき異常なほどのジェラシーを感じてしまったのだ。この気持ちが「恋」だとしたら、かなり厄介だ。

 
【エロ体験談募集中!】
メンズサイゾーでは、あなたのエロい経験を募集しています。
投稿フォームから、どしどしご応募ください!

【エロ体験談】俺の女友達はセックス上戸の画像2

こんなエロ話、お待ちしております。
【エロいい話】エロいけど妙にほっこりする話。
【マジであったエロい話】ウソみたいなエロ体験談。
【思い出のチョメチョメ】いまだに心に残っているセックスの話。
【性の目覚め】性に目覚めた瞬間の話。
【男のサガ】男なら仕方がないと思えるエロ体験談。
などなど。もちろん、以上のカテゴリーにハマらないエロ体験談もOKです!
これまで人に話さなかった秘密のエロエピソード、ぜひお聞かせてください!

注意事項:特定の名称や人物がわかる表現、法律に反する内容はお控えください。また、投稿記事はオリジナルの内容に限らせて頂きます。(近親相姦・スカトロ・獣姦・未成年はNG)

 

men's Pick Up