【エロ体験談】俺の女友達は“セックス上戸”


俺「誰とでもするの?」 
 
ナ「まあ、たいていの人なら」 
 
俺「もしかしてヤリマン?」 
 
ナ「知ってるくせに」

 
 そんな会話が続く。

 しばらくすると、「やばい…ホントにしたくなってきた…」と酔ったナオコが言ってくる。俺はまだ焼き鳥を食いたかったが、店を出てラブホに行くことにした。

 部屋に入ると、ナオコは俺に抱き着いてきてキスを迫ってくる。

 
「やっぱキスって最高だよね~」

 
 そう言うナオコに向かって俺は、「もっと好きなことがあるくせに」と意地の悪い感じで言う。なぜなら俺は、彼女がとにかくチンポを入れたいのを知っているのだ。

men's Pick Up