水崎綾女、カンヌ絶賛で注目度が急上昇! グラドル時代と変わらぬ「谷間サービス」にも好感

水崎綾女、カンヌ絶賛で注目度が急上昇! グラドル時代と変わらぬ「谷間サービス」にも好感の画像1※イメージ画像:「水崎綾女Instagram(@misakiayame)」より

 フランスで開催されている『第70回カンヌ国際映画祭』のコンペティション部門で公式上映された映画『光』(河瀬直美監督)が現地で絶賛され、ヒロインを務めた女優・水崎綾女(みさき・あやめ/28)の注目度が急上昇している。

 同作は才能あふれるカメラマン(永瀬正敏)が弱視になり、徐々に視力を失っていく中で視角障害者向の音声ガイドを作っている女性(水崎)と出会い、生きる力を取り戻していくというストーリー。公式上映直後、会場で約10分間の熱烈なスタンディングオベーションが巻き起こったことで国際的な話題作となった。

 水崎はオーディションからの大抜擢だったが、その好演によって上映後は「あの女優は誰だ?」と話題に。国際派女優への第一歩を踏み出し、それに伴って日本国内でも大注目の存在となっている。

 水崎は2004年の『ホリプロスカウトキャラバン』でベストグラビア賞を受賞したことをきっかけに芸能界入り。15歳で大手のホリプロ所属となったが、これまで決して順風満帆だったわけではない。

men's Pick Up

ニュース関連トピック