中村静香、セクシーすぎる「ガチ下着」満載の新作DVDに期待の声! 飲みカワ姿も収録でファン歓喜


 中村といえば、2003年に『第9回全日本国民的美少女コンテスト』の決勝に進出したことをきっかけに本格的に芸能界デビューし、翌年からグラビア活動も展開。すぐに初のソロ写真集『WATER COLOR』(近代映画社)をリリースするなど、当初から人気が高かった。

 しかし、20代中盤に差し掛かると勢いが停滞。スリーサイズは上からB85・W60・H86のグラマラスボディで男性支持は高かったが、どこか弾けきれない印象がつきまとっていた。

 だが、深夜のバラエティー番組『ゴッドタン』(テレビ東京系)で酔っぱらった姿がいかに可愛いかを競い合う「飲み姿カワイイ選手権」に参加したことで状況が一変。キュートすぎる酔いっぷりを披露したことで圧倒的な支持を獲得し、同企画で前人未到(?)の4連覇を達成した。

 以降は「飲みカワアイドル」として人気が爆発し、男性支持の高騰とともにバラエティ番組への出演も急増。さらに『痛快TV スカッとジャパンSP』(フジテレビ系)の再現VTRでウザ可愛いぶりっこ女子大生・りなっしーを演じ、その好評ぶりによって「新ぶりっこ女王」とも呼ばれるようになった。

「素のキャラクターが非常に愛らしく、業界内でも性格美人として有名。視聴者にもスタッフにも愛され、それが人気爆発につながっています。本来ならグラドルは圧倒的に男性支持が高いのですが、飾らない魅力によって女性から年配層まで幅広く親しまれるようになった。その人気の高まりは仕事量の急増にあらわれており、今月24日放送の『ジョブチューン』(TBS系)、同25日午前の『帰れまサンデー』(テレビ朝日系)、同日深夜の『旅ずきんちゃん』(TBS系)と出演番組が目白押しになっています」(アイドルライター)

 バラエティーで大活躍となっても、雑誌グラビアやイメージDVDはしっかりと継続。グラドルとしての本分を忘れないところも人気の大きな要素になっているようだ。来年は29歳で普通ならグラドルは「崖っぷち」となりかねないが、飾らない素顔が魅力の彼女は人気がさらに高まることはあれども、勢いが陰るような心配はなさそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops

men's Pick Up

ニュース関連トピック