天木じゅん、Iカップバスト丸出しの「クールビズすぎる制服」が話題に! 天真爛漫な素顔にも注目集まる


 また、トークや自宅公開で素の部分を見せたことで「素直で可愛くて、最強じゃねーか」「冷蔵庫の調味料と食材の組み合わせがちゃんとしてて、しっかり料理する娘なのがワカる」「話し方も声も可愛い」などと、グラビアで披露されるビジュアル的な魅力とは違った天真爛漫な人柄に引かれる男性も続出した。

 天木は身長148センチのミニマムボディに95センチの超巨乳という驚異のスタイルで知られ、美少女アニメのキャラクターのような体型は「奇跡の二次元ボディ」と称されている。元々はアイドルグループ『仮面女子』のユニット「アーマーガールズ」として活動していたが、昨年3月の卒業をきっかけに本格的にグラビア進出し、瞬く間にトップグラドルの一人となった。

 今年7月にリリースされた2枚目のイメージDVD『天乳(あまちち)』(リバプール)はデビュー作から2作連続でAmazonの売上ランキングで1位になり、同時にオリコンの週間アイドルDVDランキングでも首位となって「2冠」を達成。初の写真集リリースも決定しており、その勢いは加速し続けている。

「仮面女子のメンバー時代から抜群の素材だと騒がれていましたが、卒業後に大手事務所『ワタナベエンターテインメント』に移籍したことでメディア露出が増加し、驚異のボディが広く知られるようになりました。低身長で可愛いらしいロリ顔なのに爆弾級の超巨乳という誰も真似できないキャラクターですから、露出さえ増えれば世の男性たちのクギづけにするのは必至。SNSでセクシーなサービスショットを連発してファンを増やすなどネットの使い方も上手く、ブレイクしない方がおかしい逸材です。メディアで彼女の姿を見かける機会は今度どんどん増えていくでしょう」(アイドルライター)

 自慢の「天乳」を武器にグラビアはもちろんのこと、テレビやラジオでも大活躍することになりそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops

men's Pick Up

ニュース関連トピック