中1とは思えない完熟ボディ…アンジュルムの新メンバー・笠原桃奈、プリプリな桃尻を先輩らも絶賛


 少女らしさを感じさせる細くて長い手足に加え、バストやヒップはすでに女性らしい丸みを帯びており、そのスタイルの良さはハロプロ屈指とも称賛されている。ファンからは早くも水着グラビアを期待する声があります。℃-uteの矢島さんも『セクシー担当もいける』とコメントしていました」(アイドルライター)

 矢島といえば、昨年夏発売のソロ写真集『Nobody knows 23』(ワニブックス)で過激なビキニショットを披露し、「ハロプロ史上最高のエロさ」などと話題になった。いわば矢島はハロプロの現セクシー担当で、そんな彼女にプロポーションを絶賛された笠原はグラビア系の仕事を積極的に展開するのかもしれない。

「アイドル戦国時代などと言われて久しいですが、実質的にはAKB48グループの独壇場が続いている。その原動力になっているのは、セミヌードも辞さない大胆で刺激的な写真集やグラビア仕事の数々と言えます。一方、ハロプロは王道アイドル路線を売りにしているため、水着系の仕事は控えめです。

 しかし、このところAKB48グループのセクシー路線に対抗するかのように、Juice=Juiceの植村あかりさん(17)が初ソロ写真集『AKARI』(ワニブックス)でビキニを解禁したり、モー娘。のビジュアル担当と言われる工藤遥さん(16)が水着ショットを盛り込んだ写真集『ハルカゼ』(同)するなど、体を張り始めている。早くも抜群のスタイルで注目を集める笠原さんが、評判通りの完熟ボディを披露することになればハロプロもさらに勢いづきそうです」(前同)

 子どものころからモダンバレエを習い、特技はダンスとアクロバットだという笠原。その資質はアイドル活動に最適だろうが、注目の新人はステージ以外でもファンを魅了してくれそうだ。
(文=愉快)

men's Pick Up

ニュース関連トピック