相武紗季、“ヤバイ”濃厚ラブシーン! 身もだえる姿に「久々の衝撃エロス」の声


 その後もキャミソール1枚でベッドにたたずんだり、ソファに座る伊藤にまたがって誘惑したりと、色っぽい姿を披露した相武。“事後”と思われるシーンでは満足げなスッキリした表情を浮かべており、遊び慣れた大人の女性といった印象を受けた人も多かったようだ。公式サイトでは「木村演じる理想的な妻による壮絶な復讐劇が見どころ」とあるが、男性ファンからは相武の露出増を願う声が寄せられている状況だ。

「相武さんといえば、昨年主演したドラマ『硝子の葦』(WOWOW)でも、大胆な濡れ場を演じて大きな話題を集めました。この作品で相武さんは、虐待を受けた母親の愛人と結婚し、そのかたわらで別の男と不倫関係に陥るヒロインを演じた。俳優の奥田瑛二さん(66)や小澤征悦さんと(おざわ・ゆきよし/41)とねっとりした艶めかしいベッドシーンを披露し、視聴者から『ここまでエロいとは…』と驚きの声が寄せられました。

 新ドラマを見たファンの中には、この『硝子の葦』を思い出した人も多い。今回の相武さんの姿は即座にネットにアップされましたが、それと合わせて『硝子の葦』のシーンも大量に出回っている状況です。これらを見たネットユーザーたちからは、『いい女になった』との指摘が多数寄せられている。かつての相武さんといえば、10代から活躍していたこともあって、明るい笑顔が印象的な美少女といったイメージもありましたが、大人の魅力を放つ女優として認識されつつあるようです。今回のドラマで、さらにセクシーなイメージを浸透させことになるのかもしれません」(ネットライター)

 2時間スペシャルとなった『僕のヤバイ妻』の初回平均視聴率は8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、お世辞にも好調なスタートとは言えないものだった。相武にはヤバイほどセクシーな姿でドラマ全体を盛り上げてほしいところだ。
(文=愉快)

men's Pick Up

ニュース関連トピック