指原莉乃の「肥大化」にファンが賛否両論…写真集で披露した完璧ボディーがリバウンド?


 6月に開催される『AKB48選抜総選挙』の連覇に向けて絶好調の状態だが、そんな指原が「肥大化してる」との指摘がネット上で続出する事態が起きている。

 最近の歌番組に出演した際のキャプチャー画像やライブ中の写真などに「お腹がポチャってる」「二重アゴが…」「顔に肉がついてきたな」といった声が寄せられ、掲示板サイトでは「指原の肥大化が深刻化」などと書かれてしまっているのだ。実際、3月28日に出演した『FNSうたの春まつり』(フジテレビ系)では前かがみになった時にへそ出し衣装のお腹がぷっくり状態。さらに顔がむくんでいるかのような状態になっているのが目立っていた。

 一方、この体型の変化に「痩せすぎだったからちょうどいい」「今くらいの体型が色っぽい」「むしろもっとポッチャリになって」といった意見も続出。指原のボディをめぐって賛否両論が巻き起こっている。

「写真集のためにダイエットに励んでいた時期を終えて多少リバウンドしているのでしょう。しかし、それほど極端に太ったというわけではない。指原さんは『顔だけ太りやすい』というコンプレックスを告白していますが、少しでも太ると顔の印象が変わって目立ちやすいのでファンに騒がれているのでしょうね。しかし、プロ意識の高い指原さんはいつも総選挙前にしっかり仕上げてきますから、肥大化したままということはなさそうです」(美容ライター)

 多少の体型の変化ですら話題になってしまうのは、いまだ指原がバラドルではなく「アイドル」としても注目されている証拠。顔立ちの好き嫌いは分かれるが、カラダの美しさは誰もが認めるトップレベルなのだからグラビア路線は継続してくれるだろう。AKBグループを代表するアイドルとして今後も活躍が期待できそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops

men's Pick Up

ニュース関連トピック