ベッキー不倫騒動の余波…芸能人のリアクションに批判と称賛

160109_beki_tp.jpg※イメージ画像:ベッキー♪♯『ゆめの音色 ~music life~(DVD付)』エムオン・エンタテインメント

 不倫騒動の渦中にいるタレントのベッキー(31)と人気バンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(かわたに・えのん/27)に対して、連日スポーツ紙が続報を伝えている。多くがふたりをバッシングする内容だが、その一方で芸能界には“ベッキー擁護派”も多いようだ。

 7日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)では、司会の宮根誠司(52)が「あのベッキーでも軽率な行動とるんだって、ちょっとホッとした。普通の女の子だったんだな」などとコメント。スキャンダルを報じた「週刊文春」(文藝春秋)にベッキーが正月に川谷の実家を訪れたと書かれていたことについても、「ベッキーが家に来たらパニックになるで」とウケ狙いの発言をかました。

 さらに、ナインティナインの岡村隆史(45)は、7日深夜のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、「ベッキーってサイボーグみたいやったからね。仕事ずーっとしてて。大丈夫なんかなぁと思ってたけど、やっぱり女子やね。女子やなぁと思うわ」と持論を展開。その上、「しゃあない。そんな時期、あるんちゃう? うちの妹もバリバリ不倫してたし」と身内をネタにしてまで擁護した。

 デヴィ夫人(75)は8日に更新した公式ブログで、「私はベッキーさんの味方」と宣言。「こうなった以上、堂々と純愛を貫きなさい!」などと綴り、川谷に早く離婚をするようアドバイスを送った。

men's Pick Up

ニュース関連トピック