「ブス界一の美女」こと大沢あかね、鳴りやまぬ爆乳称賛の声と芸人仲間も羨む良妻ぶり


 かつて有吉弘行(41)に、「ブス界一の美女」とアダ名をつけられ、ネット上でも「顔は微妙だけどスタイルは抜群」といった声もある大沢。しかし、男性ファンからは「それがたまらない」という意見もあり、親近感の漂うエロスに映っているようだ。

 一部の男性ファンから熱烈な支持を受ける大沢だが、芸人界でも「できた嫁」として有名だという。お笑いライブなどを手がけ、過去には劇団ひとりと仕事をしたことがある放送作家に聞いた。

「子どものころから芸能活動をしていたことも関係しているのだと思いますが、あかねさんは、一般の社会とは少しズレている芸能界のルールを熟知していて、それに従うひとりさんに対して何も愚痴を言わない。芸能界では深夜に打ち合わせがあったり、急な飲み会に誘われたりすることなんてザラですが、そういったときでもひとりさんを快く送り出す。テレビでは、ひとりさんが『うちの嫁がうるさくて…』的なことを言うシーンもありますが、それは完全にネタだと思いますね(笑)。

 また、あかねさんはひとりさんのネタをチェックすることもあり、面白くなければ、かなり厳しくダメ出しするようです。ひとりさんのネタには一般の人に伝わりづらいものもありますから、それをあかねさんが修正するみたいですよ。お笑いのこともきっちり理解しているので、芸人さんの中にはふたりのことを羨んでいる人も多い。本気かどうかはわかりませんが、あかねさんは、ひとりさんの仕事のためなら自分はどんなことでもすると言っていましたね」

 「ブス界一の美女」というより、「芸人界一の妻」といえそうな大沢。夫を支える献身さを感じるからこそ、彼女の姿に魅了される男性が多いのかもしれない。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

men's Pick Up

ニュース関連トピック