加護亜依、有名アイドルとの“ピュア”な恋愛告白! 今さらの純粋アピールにファンも困惑!?


 これまで、アイドル時代の喫煙問題にはじまり、さまざまなスキャンダルを噴出させてきた加護。表舞台から遠ざかることもしばしばあり、昨年10月には当時の夫が出資法違反の疑いで逮捕されたことをきっかけに活動休止を発表した。今年4月に自身のブログで離婚協議に入ったことを明かしたが、5月には子どもの親権問題がこじれて暴行被害を受けたことが判明し、元夫は傷害容疑で逮捕。その後、元夫との離婚は成立したものの、所属事務所から離れることに。今後はフリーで活動するが、加護のことを娘のように可愛がっている元競輪選手の中野浩一(59)の妻・NAOMI(51)が経営する事務所が窓口になるという。

 波乱万丈な芸能人生を送ってきた加護は、過去にAV出演がささやかれたこともあったが、今回の放送ではその騒動についても言及。メジャー作品への出演と言われたが、実際はポルノ映画で、全裸にならなければいけない仕事だったという。そのギャラは「1,600万円だった」と言い、共演者らが「安い!」と驚く中、加護も「その程度の価値なんだ…って、しょんぼりしました」とショックを受けたことを明かした。

 ぶっちゃけた発言を続けた加護だったが、ネット上の視聴者からは「話題になりたいだけ」「過去の話なんかに興味ないよ」などと厳しいコメントが寄せられた。ニュースサイトで報じられるなど話題を集めたが、自身のイメージにはマイナスに働いてしまったようだ。番組で「歌手活動に力を入れたい」と語った加護だが、アーティスト活動の場を持つことはできるのだろうか。
(文=kamei)

men's Pick Up

ニュース関連トピック