“ビーチの妖精”浅尾美和、現役時代の「メコスジ」写真に赤面! 下ネタのリアクションが可愛すぎる


 人前で水着になることには特に抵抗はないという浅尾だが、美女アスリートとして世間の注目を浴びたころの過熱するメディア報道には少々嫌気がさしていた様子。高校卒業後にバレーボール元日本代表の川合俊一(52)のスカウトを受け、競技生活と並行してタレント活動をスタートさせた浅尾は、瞬く間に世の男性ファンを虜にしたが、戸惑うことばかりだったという。

 特に週刊誌の袋とじなどに自分の写真が掲載されることは「イヤで仕方なかった」とのこと。だが、嫌がる浅尾を尻目に番組では当時の写真を紹介。「メコスジ!!」と大々的にキャッチコピーが打たれた浅尾のビキニショットが披露されることに。これには浅尾も赤面。しかし「やめてくださいよ~」と言いながらも笑顔を浮かべており、当時を懐かしんでいるようでもあった。ちなみに「メコスジ」とは、ビキニやショーツなど、女性の大事なところに直接触れる衣類をはいた際にくっきりと浮かび上がるスジのこと。

 若かりしころとはいえ、自らのちょっと恥ずかしい写真をテレビで披露された浅尾。一瞬険しい顔をしたものの、笑顔で対応した彼女は視聴者にも好印象を与えたようで、「健気な子なんだな~」「下ネタのリアクションが完璧」「もっとテレビ出てほしいわ」などと絶賛の声が寄せられた。その後のトークでは、現在のダンナについて「初めて付き合った人だった」と明かしており、ピュアな一面にも多くのファンから好意的な意見が上がることとなった。

 今のバラエティ界ではさまざまな競技出身の美女アスリートが多く活躍している。浅尾が今後どういった活動を視野に入れているかはわからないが、ぜひ全国放送のメジャーバラエティに出演して、より多くの視聴者に屈託のない笑顔とちょっぴりセクシーな話題を届けてほしいものだ。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

men's Pick Up