“幻のももクロ”!? 抜群の歌唱力と存在感のある演技で注目の女優・唯月ふうか

150818_huka_tp.jpg※イメージ画像:唯月ふうかオフィシャルブログより

 初演から35周年を迎え、榊原郁恵(56)や宮地真緒(31)、そして高畑充希(たかはた・みつき/23)といった女優らが主役を務めてきたミュージカル『ピーター・パン』の2015年の全公演が過日終了した。

 多くのファンに愛され、業界関係者が注目することでも知られる『ピーター・パン』。現在9代目の主人公を務めている若手女優の唯月ふうか(ゆづき・ふうか/18)も、抜群の歌唱力と存在感のある演技で将来を期待されている逸材だ。

 2013年に『ピーター・パン』の主役に抜擢された唯月。現在では、その歌唱力や演技力を生かして舞台を中心に活動しており、美内すずえ原作の少女漫画『ガラスの仮面』(白泉社)の劇中劇『女海賊ビアンカ』の実写公演にて主人公・ビアンカを演じ、作者からも高い評価を得ている。

 また、今年の4月には、現在連続ドラマとしても放送されている大ヒットコミック『DEATH NOTE』(集英社)の舞台版にあたる『デスノート The Musical』でヒロインの弥海砂(あまね・ミサ)役を演じた。ほかにも昨年からはラジオ番組『唯月ふうかのFFFのF(ふふふのふ)』(FMFUJI)をスタートさせ、朝の子ども番組『おはスタ』(テレビ東京系)で曜日MCを担当するなど、じわじわと活動に広がりを見せてきており、それと同時に知名度を上げつつある。

men's Pick Up

ニュース関連トピック