メンズサイゾー >  AV >  お嬢様・令嬢 >  鈴原エミリ、抜かずの14発中出し!

AV

2時間延々とハメっぱなしの中出ししっぱなし!! お嬢様キャラの鈴原エミリが精液漬けに!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

 
トコショー流! 思わずジャケ買い!! エロ過ぎるAVパッケージの世界・第145回
■過去のレビューはコチラ

 
 2014年の7月にデビューするや、お嬢様風のおっとりとしたキャラで人気を集めている鈴原エミリ(すずはら・えみり)チャン。その甘いロリータフェイスで何人もの男を虜にしているわけだが、ご多分に漏れず筆者トコショーもその一人である。

 虫さえ殺せなさそうな天使っぷり! オシッコやウンコなんてしなさそうな清純っぷり! こんな天使みたいな娘がAV女優だなんて、いまだに信じられないほどだ。

 そんなエミリちゃんだが、凌辱ものからザーメンぶっかけものまで実にハードな作品にも多数出演している。ただそこに存在しているだけでもオカズとなってしまいそうなのに、更にエログロな痴態を見せてくれるとは…。やはりエミリちゃんは「天使みたい」な存在ではなく、ただの天使なんだろう。

 というワケで今回筆者トコショーが鑑賞したのは、『抜かずの14発中出し+1 鈴原エミリ』だ。連続中出しものと勘違いしそうだが、その内容は全然違う。一人の男優が中出し発射後もチンチンを入れっぱなしにして、何度も何度も中出し発射するというものである。

 まずは冒頭にルール説明。真性の中出しであることを証明するために、最初の1発は半分外で発射して残りは中で発射する。そして、連続で14回中出しするまでチンチンを抜いてはいけない。実にハードな内容だ。こんなオファーを受ける男優にただただ恐れ入ってしまう。

 しかし、そこはプロの男優。1回の射精量をある程度コントロールできるからこそ自信があるのだろう。発射の瞬間に「1ドピュっ」で堪え、連戦に耐えうるよう射精量を調整できるのである。

 筆者トコショーも以前このコントロールに挑戦したが、まったく上手くいかなかった。その場の盛り上がりでついつい勢いに任せて全弾発射してしまったものだ。

 短めのインタビューの後、男優が登場していよいよ本番開始である。チャチャっと軽い感じの相互愛撫を経て、生でドッキングだ。そして数分もしない内に最初の1発が出されることに。

 その後もベッドの上に留まらず、ハメたままでリビングに移動したり、台所や浴室や玄関でハメたりとハウススタジオの中を行ったり来たりしてハメ倒して中出しを敢行しているのだ。

 それでも徐々に男優がグロッキーになっていく。そんな男優に優しい言葉をかけて気遣うエミリちゃん。ハードな撮影のハズなのに終始笑顔を絶やさず、可愛い声でアンアン鳴いてくれる彼女を天使と言わずになんと呼ぶべきか?

 男優も己を奮起させるため、ピストンしながらエッチな質問をエミリチャンにしていくのである。初体験や過去の経験人数といったありきたりのものから、エミリちゃんのウンコの匂いや音までしつこく聞いていくのだ。恥ずかしがりながらもそうした質問に答えていくエミリちゃん。頬を染め、瞳を潤ませているエミリちゃんに興奮した男優はその度に元気を取り戻していくといった格好だ。

 途中何度も危ない場面もあったが、無事に14発中出しのミッションをクリアした二人。性も根も尽き果てた男優はチンチンを引き抜くとその場で大の字になってしまう。すると、同じくグロッキーだったはずのエミリちゃんがむくっと起き上がってお掃除フェラを開始!

 ご挨拶程度のお掃除フェラではなく、舌をねっとりと絡ませ、頬の形が激変するくらいのバキューム処理も行っているのだ! て、天使は天界などではなくこの地上にいたんだ! そんなエミリちゃんの姿を目の当たりにして神に感謝するトコショーなのであった。

 台本も演出もなくただただ中出しされまくったエミリちゃん。だからこそ彼女の素が垣間見えたような具合だ。筆者はこの『抜かずの14発中出し+1 鈴原エミリ』を鑑賞し終わって、ますます彼女の虜になってしまったのである。
(文=所沢ショーイチ)


『清楚なお嬢様の接吻、フェラチオ、腰振りSEX』


このギャップはヤバイ

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週