“ラブホ画像”が話題になった市川由衣、セクシー路線で女優としてさらに飛躍!?


「昨年12月、市川さんは画像共有サイトInstagramに「はろー 今日はクリスマス 私はラブホにいます」といったコメントと共に大きなベッドの上で笑顔を見せる写真を投稿。ファンたちが『うそだろ!?』『プライベート?』などと悲鳴を上げる騒動がありました。その後、同ドラマの撮影で訪れていたことが判明すると、ファンも安心し、事態は沈静化しました。このラブホ騒動をきっかけに同ドラマの認知度もアップしたようですね。

 また、市川さんは、今年に入ってからも、肩を露わにした“ヨモギ蒸し姿”を公開しています。セクシーショットということもあって、これも話題となりました。市川さんが注目を集めれば、当然最新作などの動向も伝わります。『ああ、ラブホテル』が、これだけ広まっているのも、SNSを活用した結果といえるかもしれませんね。もちろん、視聴者の中には、昨年出演した映画『海を感じる時』で彼女が見せた迫真の演技を思い出している人もいることでしょう」(芸能関係者)

 『海を感じる時』に出演する際には、「役がもらえるからいいと思われるが、自分的にはぬるま湯につかっている感じ。いろいろな役に挑戦していくことでしか幅を広げられないし、自分の力もつかないと思った」と語っていた市川。そんな彼女の言葉からは、女優を続けていく上で、なんとしてもそのマンネリズムを打破したかったという意志がうかがえる。

「ヌードを披露するにあたっては、お姉さんの後押しや、市川自身がトーク番組で語ったことがある酒豪で有名なお母さんの存在が最後の決め手となったようですね。市川さんのお母さんは、ここ数年体調を崩しており、そんな母を少しでも楽にさせてあげたいという気持ちが働き、ヌードを決意したといわれています。『海を感じる時』は、1月21日(現地時間)から開催される第44回ロッテルダム映画祭スペクトラム部門に正式出品されることが決まっています。鬼気迫るほどに純情で魅惑的な演技を見せた市川さんが、世界を魅了する日も近いかもしれないですね」(芸能ライター)

 さまざまな役柄に意欲的な姿勢を見せる市川。3月に公開される骨髄移植をテーマとした映画『迷宮カフェ』にも出演しているが、『海を感じる時』で女優として新境地を開拓した彼女は、やはりセクシー路線での活躍を願う人が多いのかもしれない。
(文=大倉)

men's Pick Up

ニュース関連トピック