水原希子、過激「股間アップ写真」投稿で炎上…人気女優が過激な言動を繰り返すワケ


 今年11月には鼻ピアスをつけた自身の写真を「Instagram」に投稿し、ネット上で「牛みたい」「気持ち悪い」などと物議を醸したこともあった。

 水原はモデルとして活躍するだけでなく、大ヒットコミックを実写化した来年公開予定の映画『進撃の巨人』にもヒロインのミカサ役で出演することが決定するなど女優としての評価も上がっている。また、私生活では韓国の人気グループ「BIGBANG」のG-DRAGON(26)と交際中で、衆目の前でハグしている親密ショットが写真週刊誌にスクープされたこともあった。

 公私ともに充実している水原だが、世間的には可憐で大人しいイメージがあり、それが好感度につながってブレイクした部分がある。そのキャラクターが崩壊するような炎上騒ぎを連発していればタレントイメージに傷がつく恐れもあるが、なぜ過激な言動を繰り返すようになったのか。

「水原と交際しているG-DRAGONは、ステージ上で性行為を連想させるパフォーマンスをしたことが『公然淫乱罪』にあたるとして立件されかけるなど、過激な言動で知られています。ネット上の発言が物議を醸すことも多々ある。水原は交際しているうちに彼のキャラクターに影響され、たびたび炎上騒ぎを起こしてしまうようになったとも考えられます」(前同)

 彼氏の影響でキャラクターが全く変わってしまう女性は少なくないが、水原もそういうタイプなのだろうか。単にそれだけなら個人の自由だが、あまりに炎上騒ぎが目立つようになれば仕事に支障が出てくる危険もある。その一方で“優等生女優”にはない過激でスキャンダラスなイメージによって女優として一皮むける可能性もあり、どちらが正解かは微妙なところだ。いずれにせよ、今後も水原はネットユーザーたちの注目を一身に集める存在として話題になり続けるだろう。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops

men's Pick Up

ニュース関連トピック