吉木りさ、抜群の「炎上回避能力」発揮に賞賛の声


「まったく言い訳せずに素直に謝罪したことで、吉木を批判しづらい状況になった。人間、正面きって謝られると怒りを持続するのは難しいものです。それに若い女性タレントが謝っているのに、さらなる攻撃をすれば批判している側が悪者に見えてしまいますからね。吉木は非常に頭のいい子ですし、高校生のころから芸能界で大人に混じって活動していましたから、誰かを怒らせた時にどう対応するのがベストなのか分かっているのでしょう」(芸能関係者)

 芸能人の炎上騒動では、これと真逆のケースもある。昨年7月、モデルで女優の菜々緒(26)がジャニーズのアイドルグループ「Kis-My-Ft2(通称キスマイ)」の番組に出演し、VTRが流れている最中にコメントを連発したことでキスマイファンから「うるさい」「黙ってろ」などと批判が殺到したことがあった。

 これに菜々緒は自身のTwitterで「番組スタッフの方にVTR中『沢山コメントを』と言われ、その通りに仕事をしました。番組側の指示は無視できません」と演出の内幕を暴露して反論。続けてキスマイファンから「VTRの音声が聞こえなくなるくらい、あなたの声が大きかったことをことを批判している」とコメントがあると、菜々緒は「今後、声は張らずピンマイクも離します!」とキレ気味に返答。さらに「もう一生出んな。調子乗りすぎ。キスマイに手だすんじゃねーよ?」との書き込みに「大丈夫です!絶対に出しません!」と応酬し、泥沼バトルになってしまった。

「反論したくなる気持ちも分かりますが、『スタッフの指示だったから』なんて言い訳はテレビ業界のタブーに触れるような言葉ですから、プロ意識を疑われかねない。逆ギレ的な態度も見苦しく映ります。それに比べて吉木の対応は真摯なイメージですから、どちらにネットユーザーが好感を持つかは言わずもがな。発言がテレビ的な演出であることは見る人が見れば分かりますし、それを理解しない攻撃的な人にはどんな言い訳をしてもムダ。ですから、吉木のような相手の攻撃性を沈める対応が最も効果的なのです」(前同)

 吉木といえば、ひたすら画面に向かって彼女が怒りまくる謎の番組『吉木りさに怒られたい』(テレビ東京系)がネット上で評判となり、好評を受けて10月からSeason2がスタート。もともとグラドルファンの支持が高かったが、最近はネット上の人気が高まって新たなファン層をつかんでいる。その一方、バラエティー番組でグラドルの待遇問題に触れて「グラビアアイドルは操り人形になっちゃダメなんです」と発言し、周囲に流されて安易に過度の露出をしたり、薄給が当然だと納得するべきではないとシリアスな持論を展開したこともあった。今回の炎上対応の上手さを考えても、ただの「キレイなだけのお姉さん」ではなく聡明な女性であることは間違いないといえるだろう。

 吉木自身、27歳で決してグラドルとしては若い方ではなく、本来なら「曲がり角」に立たされている年齢。だが、このプロ意識の高さと頭のキレがあれば、年齢を重ねても芸能界の最前線を渡っていけそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops

men's Pick Up

ニュース関連トピック