吉高由里子、朝ドラ開始直前にバッシング報道相次ぐ…業界内の“潰し合い”に巻き込まれた?


 また、主人公の親友役を演じる仲間由紀恵と吉高の不仲報道もあった。NHK側が仲間と吉高の「ダブルヒロイン」として同作を宣伝したため、自分だけがヒロインだと思っていた吉高が激怒。演技以外での二人の会話は全くなくなり、意思疎通はディレクターを通して行われているという。さらに、この騒動がきっかけで吉高が所属する「アミューズ」と、仲間の所属事務所「プロダクション尾木」との間で主導権争いが起きているとまでいわれている。

 飾らないタイプの吉高は、今まで現場スタッフを対象にした雑誌のアンケート企画などで「性格のいい女優」として必ず上位に食い込んでいた。にもかかわらず、ここにきて“自分勝手で嫉妬深い女”という扱いでバッシング報道が相次いでいるのはナゼなのか。

「吉高のフラストレーションが溜まっているのは事実ですが、現場は伝えられているほど険悪なムードではない。それでもバッシングが多いのは、業界内の嫉妬が要因です。仲間との関係はもちろんのこと、人気ドラマ『ガリレオ』(フジテレビ系)でヒロインを交代した柴咲コウとの確執など、近年急速に伸びてきた吉高は業界内に敵が多い。女優同士のバトルというより、相手の事務所ににらまれてしまうようですね。そういった敵対勢力が、懇意のマスコミにバッシング報道につながるような情報を流しているようです。報道でイメージが悪くなって朝ドラがコケれば、吉高へのダメージは計りしれませんから。対する吉高の所属するアミューズは大手ですが、元々が音楽系だったこともあってマスコミ操作がヘタなんですよ。無関心といってもいい。攻撃されっぱなしの現状を放置していれば、吉高が潰れてしまう可能性もある」(芸能関係者)

 バッシング報道の背景には、業界内の“潰し合い”があるということだろうか。この不毛な場外乱闘に参戦するよりも、ドラマ本編での好演で卑劣な攻撃を吹き飛ばしてほしい。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops

men's Pick Up

ニュース関連トピック