“ブスキャラ”を逆手に取って前進し続ける指原莉乃 将来の姿は井森美幸!?


 1月に美容雑誌「VOCE」(講談社)が主催する「THE BEST BEAUTY OF THE YEAR」に選ばれた際には、受賞式で「ドッキリだと思いました。歴代の受賞者の名前を聞いて、絶対に騙されていると思いました。落とし穴に落ちなくて良かったです」と自虐的なコメントを見せた指原。自身が世間でどう見られているかを把握した上で機転のきいた立ち回りを見せるあたりが、彼女の強みともいえそうだ。

「指原は週刊誌で過去の恋愛が暴露された後に『AKB総選挙』で1位になりましたが、それについて『週刊誌には感謝しています』と発言して『反省してない』と非難されたことがありました。また、最近は千葉県船橋市にゆかりのある人気キャラクター『ふなっしー』の“中の人”が神奈川県の横須賀出身だと暴露して物議を醸したことも。たびたびその発言が話題になる指原ですが、『指原の乱』では『炎上ちゃん』というキャラクターをつくるなど、自身のイメージを逆手にとっています。その姿勢はたくましいというか、策士というか…」(同)

 『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演した際には、Twitterで1日に100件くらい“死ね”と言われることがあるが、それについては「何も思わない」とメンタルの強さについて語っていた指原。耐性もでき、バラエティ的な“おいしさ”もわかっているだけに、「ブス」と言われるたびに心の中ではほくそ笑んでいるのかもしれない。
(文=津本ひろとし)

men's Pick Up