メンズサイゾー >  人気記事まとめ >  【ナンパ】幼児体型のビッチ  > 2ページ目

【ネットナンパ】幼児体型のクセに感度はビッチ並み!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  


 ホテルに入り、別々にシャワーを浴びてベッドイン開始。ベッドの上で仰向けになっているかんなチャンのバスタオルをソっとはぎ取る筆者。するとそこには見事なズン胴体型が現れた。

 上半身と下半身の境目がわからないほどのズン胴だ。胸はBカップあるかないかの微乳で、まさに幼児体型ってヤツである。
 
 
 
ウヒっ! たまにはこういう幼児体型の娘を攻めるのもオツってものだ!
 
 
 
 瞬時にプラス思考に切り替える筆者。まずは軽めのキスからスタートだ。
 
 
 
 ねちょぉヌるにゅ!
 
 
 
 筆者が唇を重ねると同時に、かんなチャンのほうから舌を刺し入れてきたのである! その体型とは裏腹になかなか積極的なかんなチャン。面食らいながらもかんなチャンのディープキスに応戦開始。すると、キスの合間にかんなチャンのクチからアエギ声が漏れ始めたのだ。
 
 
 
 あれ? もしかしてこの娘、感じやすいのかな?
 
 
 
 キスをしながら右手で彼女の乳房を揉みしだく。すると、ますます激しくアエギ始めるかんなチャン。こんな幼児体型のクセに、性感はすでに開発済みのようだ。

 だったら遠慮は無用だ。筆者のテクニックで思う存分気持ち良くなってもらおうではないか! 攻め達磨になることを決意して、ペッティングに進んだのである。
 
 
 
「あ、あ、それ気持ちイイっ!」
 
 
 
 筆者が彼女の乳首を甘く噛んだ途端、大きな声でヨガり始めたのだ。調子に乗って、さらに強く噛んでみた。
 
 
 
「そ、それ、もっと強く噛んで!」
 
 
 
 なんと筆者の愛撫に注文までつけてくるかんなチャン。うーん、このギャップがたまりませんなぁ。言われるがまま、彼女のリクエストに応じる筆者であった。

 そして頃合いを見計らって、クンニに移行すべく身体を移動させる。すぐに舐めるのではなく、ヘソ、腰、足の付け根と舌を滑らせて焦らしていく筆者。そしてクリちゃんまであと少しというところで異変に気づいてしまった。
 
 
 
 ツーーーーん!
 
 
 
 腐りかけた魚の匂いとでも言えばいいのだろうか。食欲と性欲を減退させる異臭が漂ってきたのである。そこで女性器の方に鼻をむけ、匂いを嗅いでみた。
 
 
 
 ツーーーーーーーーん!
 
 
 
 駄目だこりゃ。コレは相当な臭マンである。こんなマンコ舐められるか! とちゃぶ台をひっくり返したくなるほどだった。だが、今さらここで回れ右をしてクンニを中断するのは格好がつかない。きっとかんなチャンも早く舐めて欲しいと身悶えしているハズだ。
 
 
 
 梅干し食べてスッパマン!!
 
 
 
 瞬時に酸っぱい梅干しを脳裏に思い浮かべるトコショー。見る間に口内が唾液で満たされていく。その唾液を舌の先に集め、マンコを舐めるのではなくその唾液をなすりつけるように舌を動かす。

 臭マン相手に筆者が繰り出す似非クンニである。

 筆者の唾液でズブ濡れになったマンコに、舌ではなく唇だけを使って舐めているフリをする筆者。さらに激しく感じまくるかんなチャン。どうやら似非クンニが上手くいったようである。
 
 
 
「もう、我慢できないから入れるよ」
 
 
 
 本当は、これ以上臭マンを舐めることが我慢できないという意味だったのだが、この流れでは「一刻も早く挿入したいせっかちさん」に思ってもらえたことだろう。

 サクっとゴムを装着し、正常位で挿入開始。筆者に組み敷かれるモンチッチ顔のかんなチャン。思わずキスしたくなったが、寸でのところで思いとどまる。

 さきほどまで似非クンニをしていたせいで、マンコの臭さが筆者のクチ付近に付着しているかもしれない。こんな状態でキスしたら、筆者のクチが臭いと誤解されかねないからだ。

 彼女の締りは可もなく不可も無しといった感じだ。どうせなら体位を変えて色んな角度で楽しみたいところだが、チンコを引き抜き体勢を変えて再び挿入するとなると、匂いが漂ってゲンナリしそうである。だったらこのまま正常位でイったほうがマシである!

 ヘコヘコと腰を動かしながらアレコレ考えているうちに、発射の前兆が訪れた。

 
「あ、かんなチャン。俺、もう限界だよ。イ、イクよ」
 
 
 
 ふぅ。
 
 
 
 発射直前のラストスパートで、かんなチャンも大声で感じまくってくれていたのでなんとか格好がついただろう。

 チンコを引き抜く際、本当は顔をそむけたいところだったがそうもいかない。ゴムが膣内に取り残されないよう、ゴムのフチに指先を当ててソっと引き抜く。
 
 
 
 プワーん!
 
 
 
 さきほどより更に激しく腐敗した魚臭を嗅いでしまった筆者。もうダメである。こんな腐れマンコにはもう二度と入れたくない。

 終了宣言して、かんなチャンにシャワーを促す。そしてその後筆者もシャワーを浴びることにした。いつもなら軽くシャワーで洗い流すだけなのだが、この時はしっかりとボディソープでチンコ周りをゴシゴシと洗った次第である。

 帰り支度をサクっと終え、ホテルを出たところでサヨウナラと相成った。

 顔は愛嬌があって可愛いし、幼児体型だが感度は抜群だし、性格もそう悪くはなかった。だが、あの臭マンのせいで全てが台無しである。

 その臭さをあえて指摘してあげるのも優しさの一つだろう。だが、しょせんは一度こっきりのお相手にしか過ぎない女性にそこまで肩入れはできない。筆者にできることといったら、体臭(加齢臭)で相手を不快にさせないよう、常に鞄に入れて持ち歩いているデオドラントスプレーを切らさないようにすることくらいである。
(文=所沢ショーイチ)

・所沢ショーイチの【ガチ・レポート!】バックナンバー
第1回 B級グラビアアイドルをデリヘルで発見!!
第2回 15歳以下しか在籍していないデートクラブ!!(前篇)
第3回 15歳以下しか在籍していないデートクラブ!!(後篇)
第4回 出会い系でセフレを募集する肉食系女子急増中!!
第5回 元風俗嬢のエンコー女が激増中!?
第6回 裏フーゾク業界のスカウト事情
第7回 日給5千円以下ッ!? 激貧風俗嬢の台所事情
第8回 2ちゃんねるから追い出された”大人の”オフ会とは?
第9回 今なお熱い!!  テレクラの電話が今日も鳴り続けるワケ


『風俗ライター所沢ショーイチのネットナンパシリーズ 40歳からの素人ハメ撮り~出会い系編~』

スソワキガ…か…

amazon_associate_logo.jpg


『ファブリーズ ダブル除菌 370ml』


ファぶっとく?

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週