>   >  叶姉妹は本当にセレブなのか?  > 2ページ目

叶姉妹はなぜ、セレブライフを送ることができるのか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

 彼女は、『hon-nin』(太田出版)のインタビューで、辛酸なめ子に「恭子さんのように、無邪気にお金で遊べるようになるにはどうすればいいのか」と尋ねられ、「たくさんのお金をたくさんいただく経験が必要」と明言している。まさにこの、総計数億円はくだらないだろうと思われる現金を貢がれた経験が、その後の彼女の人生を大きく変えたと言っていいのかもしれない。

 さて、男とそんな関係が四年間続き、ある時、恭子さんは「彼が年齢を3つごまかしている。別の女性との間に子供もいる」という事実を知らされる。これで二人は恋愛関係にピリオドを打つことになるのだが、男は最後まで「僕を捨てないでくれ」「君を知ったらもう、普通の女の人を愛することができなくなってしまった」とすがった。

 この男が貢ぎ続けた金塊が資金となって、恭子さんは「自分で会社を興し、ビジネスをしてみよう」と考え、個人事務所を設立する。なぜそんなにいい暮らしができるのか、と問われた時に、「彼がとてつもなくお金持ちで」と素直に話したところで、誰も信用してくれないだろうと思ったからだ。その後、宝石・貴金属・時計を並行輸入する会社を設立。バブル好景気の影響もあり、「年商10億円を超える優良企業に成長」したという。また、彼女は株取引の手腕にも長けていた。男に貢がれた現金をただ蓄えておくのではなく、殖やしていった……というわけである。

謎の老紳士と石油王

 10代で数億もの大金を(男からの貢物として)手にし、会社を興して軌道に乗せた恭子さん。ある日、オフィスからほど近い赤坂でショッピングをしている最中に、老紳士と女性秘書から声をかけられる。その老紳士から差し出された名刺を見ると、「ああこの方」と納得するほど著名な、某企業の社長だったという。

 翌日、ショールームも併設された恭子さんのオフィスに訪れた老紳士は、恭子さんに縁談を持ちかける。しかもその相手は、80代の高齢男性で、アメリカの石油王。資産は880億円。これまで5人のハリウッド女優がその石油王とお見合いをしたが、縁談はまとまらなかったそうだ。

 恭子さんはこの「エキサイティングなお見合い大作戦」に乗り、フランスの古城に滞在しているという石油王の元へ赴く。石油王は彼女を気に入ったようだったのだが、即結婚、というわけにはいかない。帰国後、老紳士から「彼が結婚に踏み切るまでには、相当時間がかかる」「最低一年」と告げられた恭子さんは、待てないと言いお見合いを破談する。そしてこのお見合いそのものを受けたことに対する「御礼」を支払うという老紳士に、10億円を要求。すごい金銭感覚だ。

■辻褄は合うのでは…

『蜜の味』に書かれていることが、すべて事実かどうかは分からない。07年12月に、恭子さんの実父(同著によれば、美香さんの実父でもあるはずだが)が「金を返せ」と乗り込み、姉妹に傘を突きつけたなどとして暴力行為法違反の現行犯で逮捕されるという事件があったが、この時の週刊誌報道では、「父親は大阪で自動車部品の工場を経営していた」とされている。また、「羽振りがよかった頃、愛人を作って家を出ていったが、その後、工場が倒産して金策にあえいでいた」とも。

 なるほど、こうして照らし合わせてみると、輸入関係の会社か自動車部品工場かの違いはあれども、父が社長であったことは間違いないらしい。であれば、多少表現に誇張がある可能性は否めないとしても、『蜜の味』は十分に叶恭子の自伝として成立しているのかもしれない。

 多くの視聴者が疑問に思っている「叶姉妹の収入源」についても、「元カレが尋常じゃない額を貢いでくれたおかげで、それを元手に会社経営や株取引などの資産運用をしている」。これが正解だと思えば、彼女たちが高級売春婦だとウワサするよりもスッキリする。
(文=まい竹城)

<messy人気記事>
「短小」>(見えない壁)>「早漏」>>>>「セックスが下手」
夏の風物詩『an・an』セックス特集、読みました! 独り寝ニスト的感想文
「まんこ」の3文字を使わずに、女性器のゆるふわ表現に挑む
「朝井、お前の小説つまんないってよ」あの若手作家にドロップキック
女性狙いを無視して大ウケした『半沢直樹』、ドラマ制作陣の誤解と固定観念


『叶美香写真集 Melting』


正直勃起はしない

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週