> 

BiSの記事一覧

洋邦問わず独自のセレクトで幅広い映画ファンから支持を集める映画誌『映画秘宝』3月号で「映画秘宝ベストテン2014」が発表された。本ベストテンでランクインした日本映画は第9位の『劇場版 テレクラキャノンボール2013』のみ。そもそも本作はハメ撮りの第一人者として知られるカンパニー松尾監督が、AVとして撮影した素材を劇場版...


2014年7月8日にBiSが解散してから記憶がない。 ……という状態になれていたら幸せだったのだが、この連載「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて...

続きを読む

BiSは今、一番苦しい時期かもしれない。 1月22日に上田剛士(AA=)プロデュースによるニュー・シングル「STUPiG」のリリースも決定し、ボンデージ...

続きを読む

苛立ちながら、諦めながら、しかしそれなりに楽しんでいた。それがアイドルをめぐる状況についての私の2013年だった。この不定期すぎる連載もグダグダすぎて恐...

続きを読む

またメンバーが違う……! メンズサイゾーに4回目の登場となるBiSだが、その過激な活動の結果、2013年に入ってからすでにワキサカユリカとテラシマユフが...

続きを読む

華々しく送り出されることがこれほどせつなく、残酷であるとは。3月16日、両国国技館で開催されたBiSのワンマンライヴ「WHO KiLLED IDOL?」...

続きを読む

メンズサイゾーでは再三プッシュしてきていた新生アイドル研究会・BiSの初期メンでリーダーでヨゴレ役、プー・ルイちゃんが「週プレ」デビューとのことで、研究...

続きを読む

「アイドル戦国時代」に悪態をつき続けてきた本連載も4年目を終えようとしている。アイドルブームが意外と長く続くので、もはや悪態をつくのも疲れた。それが偽ら...

続きを読む

エモさははたして飽和しないのだろうか?……そんなことを考えてしまったのは、BiSをめぐってほんの数ヶ月間に様々な事案が発生したせいだ。特に2012年10...

続きを読む

「トラウマテクノポップ」を標榜するアーバンギャルドが、7月に「アーバンギャルドの病めるアイドル五番勝負!!!!!」と題して、旬のアイドル5組と対バンする...

続きを読む

「並べられたトマトが次々にグチャグチャに潰されていくような気持ちになるんです」。そう本誌でのBiSインタビューで私が吐露したことは、いささかの誇張もない...

続きを読む

5人組の人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ(通称ももクロ)」のライブが14日に神戸ワールド記念ホールで開催されたが、そこでメンバーに対する“痴漢...

続きを読む

これまでメンズサイゾーには2011年の5月、10月に登場してくれたBiS。当初は放送禁止用語を言いまくりで、あまりの方向性の違いにメンバーのりなはむ(ヨ...

続きを読む

「アイドル戦国時代」なんて本物の戦国時代のように1世紀ぐらいやっていればいいのだ。そんな憎まれ口を叩いているうちに2011年も終わろうとしている。 今年...

続きを読む

BiSの全国流通盤としてはセカンド・シングルになる「primal.」の発売前日である2011年12月20日に、リキッドルームでワンマンライヴ「IDOL ...

続きを読む

そんな問いを我々に突き付ける異端児・BiSが、12月20日に恵比寿リキッドルームでワンマンライヴ「IDOL is DEAD」を開催する。リキッドルームの...

続きを読む

多くのアイドルの中でもBiSほどスタンスが賛否を呼んでいるアイドルはいないが、いや、その前にひとつ重大なポイントが見落とされている。松隈ケンタのプロデュ...

続きを読む

「メンズサイゾー」でも「新しいアイドル社会の誕生宣言!? BiS『Brand-new idol Society』」で紹介した「自給自足アイドル」BiSが...

続きを読む

この連載のタイトルは「私を生まれ変わらせてくれるアイドルを求めて」なので、私を救済してくれるアイドルが再び現れたら、連載自体が終了しかねない。しかし、そ...

続きを読む

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震以来、毎日起きている間はずっとNHKばかり見ていたので、最初は周囲が「ポポポポーン」ネタを話題にしていても何のこ...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週