> 

黒田清輝の記事一覧

明治28年(1895)4月1日、京都で開催された内国勧業博覧会に出展された一枚の絵画が事件の発端となった。その絵画とは、黒田清輝の『朝妝(ちょうしょう)』で、外国人らしき全裸の女性が鏡の前に立って髪を束ねているところを描いた作品である。身支度や化粧などをするごく自然なポーズで、構図やアングルもとくに奇異な物ではない。ま...


  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週