> 

高橋ユキの記事一覧

わいせつ事案で定番の電車内の痴漢はおおむね「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反」いわゆる都道府県が定めている迷惑防止条例違反に該当する。かつてはダフ屋が多かった罪名なのだが、インターネットの普及によりオークションサイトが一般化し、ここ数年ではダフ屋での被告人を見る事は極端に少なくなった。現在...


裁判所で見るわいせつ事案というのは電車内の痴漢がポピュラーだが、これはちょっと珍しかった。 被告人は横浜の大学を卒業して、コンサルティング会社に入社した...

続きを読む

老人でも、女子高生への痴漢や、同世代の老女へのわいせつ行為などで逮捕されることは、さほど珍しくはない。古いデータだが、警視庁によれば、痴漢等のわいせつ犯...

続きを読む

例えば法廷にいるとき、ふと"自分も同じ状況になったら犯罪を犯さないでいられるだろうか?" ということはよく考える。殺人やら傷害致死やら大きな罪はさておき...

続きを読む

今年初めに公開された『冷たい熱帯魚』(監督・園子温/配給・日活)は、遺体を解体するシーンのグロテスクぶりや殺人鬼役でんでんの怪演などが話題になったが、こ...

続きを読む

裁判所のロビーに置いてある本日のプログラム「開廷表」をめくると、たまに<常習累犯窃盗罪>という罪名を見かけることがある。この罪名で起訴されるには文字通り...

続きを読む

筆者の居住地は都内であり、傍聴のホームは東京地方裁判所であるが、どうしてもその後が気になる事件を追うため、地方の裁判所に行くこともよくある。福岡、名古屋...

続きを読む

"少しでも一緒にいたかった" 当初、報じられていた動機はこうだったが......。 2008年9月5日夜、東京都新宿区のホテルでスーツケースに入れられた...

続きを読む

坊主頭に中肉中背。年齢の割に体格はしっかりしている。からし色のポロシャツにハイウエスト気味の紺色ズボン。眼光は鋭いが、茶目っ気もあり、おそらく、女性にも...

続きを読む

2月11日、東京・新宿駅での通り魔予告をした男子中学生(15)が逮捕された。中学生はネット掲示板に「2月11日午後9時ピッタリに新宿駅(新南口だったハイ...

続きを読む

住居侵入罪は刑法第130条。「正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの...

続きを読む

ストーカー行為等の規制等に関する法律、略してストーカー規制法。この法律違反で裁かれる被告人たちには、いくらか共通点がある。それはプライドが高いこと、そし...

続きを読む

勾留されているはずなのに色黒、被告人なのにジャージではなくスーツ。下には黒いTシャツ、と、いわゆる"被告人スタイル"とはかけ離れた、珍しいタイプだった。...

続きを読む

7名が死亡、10名が負傷した秋葉原通り魔殺人事件の公判もやっと終わりが見えてきた。1月25日、論告が行われ、検察側は死刑を求刑。3月下旬には判決が下され...

続きを読む

裁判所には、先日書いたような傍聴マニアと呼ばれる者たちだけでなく、他にも様々な傍聴人がいる。当事者とその家族、捜査関係者をはじめ、被告人や被害者の友人知...

続きを読む

名誉毀損罪は刑法第230条。「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に...

続きを読む

傍聴を始めたころというのは、裁判の流れをつかめていないため、闇雲にいろいろな罪名を傍聴するものだが、長く裁判所に通っている傍聴人には、おのずと専門分野が...

続きを読む

数年前のこと、某フェスの喫煙所で、明らかにタバコじゃないものを吸ってる男がいた。気分が良くなっちゃってるのも手伝ってか、周りの人たちに「吸いますか~?」...

続きを読む

平成22年度版犯罪白書によれば、65歳未満の年齢層においては、一般刑法犯検挙人員は、最近になり減少傾向を示すようになったものの、65歳以上の高齢者の検挙...

続きを読む

法廷で見ていると、女はウソをつき通すことが多い。と過去の記事でも書いているかもしれないが、特に男がらみとなると、その程度はハンパない。 合意の上で男とセ...

続きを読む

「去年の4月、サークルのコンパで初めてその子と会い、カワイイ子だなと思いました。派手なルックスで。キャバクラに勤めてたことがあるか、聞いたりしました.....

続きを読む

前回も少し触れた映画『それでもボクはやってない』は痴漢えん罪をテーマにした作品だ。世間的には〈痴漢はえん罪に巻き込まれる可能性がある〉という認識が生まれ...

続きを読む

痴漢で裁かれる被告人には同種の前科がいくつもあることが多い。そして、そのような被告人に限って、過去ブレイクした映画『それでもボクはやってない』の主人公気...

続きを読む

特に生活に困っているわけではないのに万引きしてしまい、窃盗罪で裁かれる被告人には、なぜか女が多い。しかも、繰り返す。彼女もそうだった。 A子(31)は細...

続きを読む

門外漢にとっては裁判所というのは実に不思議なところで、「いや~この人、どう見ても普通だよ......」と思えるような被告人に精神鑑定をしてみたかと思えば...

続きを読む

付き合っていた男性を練炭自殺に見せかけ殺害した疑いで逮捕された木嶋佳苗(35)。先日、警視庁に再逮捕されたものの、頑なに否認を貫いている。状況証拠しかな...

続きを読む

かつて「和製コマネチ」と呼ばれた元体操オリンピック選手、中島(旧姓:岡崎)聡子(49)。昨年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、同年5月に裁判が開かれた...

続きを読む

10月19日から、東京地裁でいわゆる「耳かき殺人」の公判がスタートする。昨年の8月3日、耳かき店の従業員だった江尻美保さん(21=当時)とその祖母、鈴木...

続きを読む

神戸市北区の路上で高校二年生の男子が何者かに刺し殺される事件が発生した。10月8日現在、まだ犯人は捕まっていない。犯行は通り魔的にも見えるし、はじめから...

続きを読む

出会い系サイト、出会い系カフェなど、出会いの場所だらけの昨今。でも、いいことばかりじゃない。 先月26日、豊島区のラブホテルで女性の変死体が発見。翌日、...

続きを読む

厚生労働省の郵便不正事件で、無罪判決が下るまでの、元局長、村木厚子氏(54)の苦労は並大抵のものではなかっただろう。「やっていない」ということを証明する...

続きを読む

「ボクが堕胎させたって言うんですか?」 東京慈恵会医科大付属病院(東京都港区)の医師だった小林達之助(36)は、2009年1月、妊娠した交際相手に子宮収...

続きを読む

いま世間を騒がせてる男と言えば、なんといっても押尾学(32)。一緒に合成麻薬をやっていた女性の容態が急変したものの、通報することなく死亡させたとして、保...

続きを読む

一途すぎる女も、ちょっと問題だ。2006年1月、他人のマンションの敷地内に入ったとして現行犯逮捕されたY子(当時43)。窃盗の前段階で住人に見つかった....

続きを読む

2003年10月。旧皇族の「有栖川宮(ありすがわのみや)」を名乗り、結婚披露宴と称するパーティーを開いて祝儀をだまし取った疑いで男女3名が逮捕された。当...

続きを読む

女被告人の裁判は、たいてい男の傍聴人が増える。年齢や容姿に応じてまたその増え方も違うのだが、この被告人の場合は、これまで見てきた中でも、かなりの人気ぶり...

続きを読む

2006年12月28日、居酒屋アルバイト、S子さん(22)の遺体が彼女のアパートで発見された。その翌日に逮捕されたのは、同じバイト仲間の那須野亮(31)...

続きを読む

整形のせいか、ノーメイクでも人目を引くはっきりした顔立ち。一時は新宿二丁目で飲み屋を2軒経営していたというが、その華やかな生活の片鱗は、この顔立ちにしか...

続きを読む

2人の出会いは特殊なものだった。「妻子の悪口を言われ、カッとなった」事件発生当時、犯人の男が語った動機はこうだ。しかし公判では、被害者が悪口を言いたくな...

続きを読む

2006年12月、元都職員の男性A氏(当時66)の遺体が、東京都多摩市にあるA氏自宅の床下から見つかった。翌年2月、交際相手のY子(当時40)が死体損壊...

続きを読む

2006年5月、神奈川県平塚市のアパートで、住人の無職・山内峰宏さん(35)と岡本利加香(りかこ)さん(19)、そして乳幼児3人、計5名の遺体が発見され...

続きを読む

元SMの女王様が手錠でつながれて法廷に現れるなんて、なんだか皮肉なものだ......。 S子(逮捕時35)は、当時の夫(現在は離婚)で格闘技ジム経営の男...

続きを読む

さすがにこの男を法廷で見た時は「この人がハーレム作ってたってマジで......!?」と信じられない気持ちだった。お腹がポッコリと出て、ずんぐりむっくりし...

続きを読む

2010年3月某日、東京地裁。ガチムチな大柄の体にスーツを着込み、ふんぞり返って被告人席に座っていたのは、佐藤祐介(49)。千葉県警佐倉署の元警部補(懲...

続きを読む

北九州連続監禁殺害事件。2002年3月早朝、1人の少女が監禁されていたマンションから逃げ出し、祖父に助けを求めたことから事件は発覚する。逮捕されたのは元...

続きを読む

黒いピッタリとしたスーツに、クッキリとした目鼻立ち。サラサラのロングヘアがすらっとした長身によく似合っている。彼女が法廷に入ってきた瞬間、傍聴席は静まり...

続きを読む

現在、東京地裁ではあの"秋葉原17人殺傷事件"の公判が続いている。2008年6月8日午後0時30分過ぎ、信号無視したトラックが交差点に突入。その後車を降...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週