> 

音楽の記事一覧

ソニー・ミュージックレコーズが企画する「女性の夢を叶える応援プロジェクト」として、5人組のガールズバンド「LAGOON(ラグーン)」が今秋にデビューすることが発表された。メンバーはカフェ店員、一児のママ、学生、救急救命士、女優と、互いに面識のない異なる職業。全員が“二束のわらじ”で音楽活動をスタートさせる。


数々の伝説を残して大団円を迎えたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』の影響で、かつてないほど80年代の女性アイドルが脚光を浴びている。ドラマに出演した小泉...

続きを読む

ヨーゼフ・アントン・ブルックナー(Josef Anton Bruckner)は、19世紀の作曲家。交響曲や合唱曲など多くの作品で知られており、『弦楽五重...

続きを読む

意中の女の子と2人で飲んで、運良く我が家へ行く流れになったとする。この時、お互いの上で「セックスしよ」と合意できていれば、そこから小細工する必要などどこ...

続きを読む

「荒井由実」としてデビューしてから今年で40周年を迎えたユーミンこと松任谷由実(58)。ベストアルバムの発売や、ユーミン憧れのバンドであるプロコム・ハル...

続きを読む

シンガーソングライターとしてブレイクしながら、2009年のNHK紅白歌合戦をもって歌手活動を休止した絢香(24)。かねてより患っていたバセドウ病の治療の...

続きを読む

来年4月8日に歌手デビュー15周年を迎える浜崎あゆみ(33)が、これを記念して11月から5カ月連続で、毎月8日に楽曲をリリースすると発表した。第一弾は書...

続きを読む

すっかり放送規制の多くなってしまったテレビ業界。言動、思想、行動、内容によって、以前はOKだったけど、今は出せないなんてネタも多くなってしまった。あまり...

続きを読む

NHK紅白歌合戦、日本レコード大賞という年末の2大音楽イベントに絶大な影響力を持ってきた、あの"芸能界の実力者"S氏の求心力が急激に低下中だという。「少...

続きを読む

続きを読む

米Googleが運営する世界最大の動画サイト「YouTube」に、K-POPミュージックの専用チャンネルが誕生することが明らかになった。YouTubeが...

続きを読む

続きを読む

リリー・フランキープロデュースのEMIミュージック・ジャパンのレーベル「RECORDZとまり木」。その第1弾リリースが、"ジミ・シジミ"と名乗る年齢不詳...

続きを読む

はるな愛、椿姫彩菜、佐藤かよ......など、芸能界ではニューハーフ美女の人気が急上昇。その波が、とうとうAV業界にもやってきました!! いままでも企画...

続きを読む

きゃりーぱみゅぱみゅ、昭和生まれのメンズには聞き慣れぬ名前かもしれないが、この風変わりな名を持つ女の子が、いま女子中高生に最も注目される人物として話題で...

続きを読む

「メンズサイゾー」でも「新しいアイドル社会の誕生宣言!? BiS『Brand-new idol Society』」で紹介した「自給自足アイドル」BiSが...

続きを読む

今回のインタビュー相手は天音るかちゃん。Gカップおっぱいの持ち主ちゃん。 きゃっほい。てか、編集長、なんでニヤニヤしてんですか? さってぇ。インタビュー...

続きを読む

5月2日、忌野清志郎の遺志を継ぐアーティストたちが日本武道館に集結した。ライブ「忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日本武道館 Love&Peace」...

続きを読む

続きを読む

2007年の夏、池袋サンシャインシティ噴水広場で行われたPerfumeの「ポリリズム」リリース・イベントでのことだ。あるヲタがあ~ちゃんから爆レスをもら...

続きを読む

「Perfumeから離れて2年、どのアイドルにも夢中になれなかったけど、やっと安住の地を見つけたよ」。ぱすぽ☆のインストア・ライヴ後に入った居酒屋で、か...

続きを読む

K-POPとか興味ないんで。そう言い続けてすでに1年半ぐらい経った気がするのだが、告白しよう。嘘でした。あまりにも周囲のPerfumeヲタの仲間たちがK...

続きを読む

2010年、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の「安すぎて伝わらない素人芸選手権」に出演したことで一躍注目を集めた女の子集団・あやま...

続きを読む

32年振りのメダル獲得に日本中が沸いた2010女子世界バレーだったが、すでに恒例の感もあるオフィシャルサポーターへの非難や苦情は今回も健在だった。そして...

続きを読む

大晦日の「第61回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表されてみると、アイドル戦国時代枠どころかK-POP枠すら存在しなかった。本連載でも「『アイドル戦国...

続きを読む

年末の風物詩である「日本レコード大賞」(以下、レコ大)。第52回目となる今年も、大賞候補となる優秀作品賞などがすでに発表されている。だが、かつては商業音...

続きを読む

美人歌手のSowelu(27)が、新曲のPVで濃厚なキスシーンや濡れ場を演じていると話題だ。アイルランド系アメリカ人の血を継ぐクォーターである彼女は、そ...

続きを読む

CD不況が叫ばれる2010年に、よもやミリオン・ヒットの可能性さえあるシングルに出くわすとは思わなかった。AKB48のメジャーでの18枚目、インディーズ...

続きを読む

10月16日のニッポン放送「AKB48のオールナイトニッポン」の冒頭で、秋元才加がスキャンダル報道について涙ながらの謝罪をしたのは、まるで学生運動時代の...

続きを読む

アイドルのCDの販売方法には様々なものがあるが、あまりにもヲタに複数枚買いをさせすぎると、「○○商法」などと揶揄されることもある。とはいえ、アイドルとい...

続きを読む

露出度の妙に高い衣装で、真っ昼間の代々木公園でちょっと卑猥な歌詞の歌を熱唱する、自称「女豹」と「妖精」の不思議な二人組。ユニット名は「またんきーず」。彼...

続きを読む

先週最後の梅雨明け宣言が出され、夏本番を迎える日本列島。連日体温越えの日が続き、いよいよ夏フェスシーズンの到来だ。といっても中々手放しで喜べないのが音楽...

続きを読む

続きを読む

中学生棺桶というバンドがある。中学生棺桶は、音楽事務所に所属しない正真正銘のインディーズバンドながら、およそ年1枚ペースでリリースを重ねている。一般的に...

続きを読む

音楽業界に突如降臨し、瞬く間にチケット売り切れ続出の超人気バンドと化した"相対性理論"。やっぱり今一番体験したいライブだな~と思っていたら、なんと友人か...

続きを読む

その昔、歌謡曲とは大人のものだった。タバコの煙と焦げ茶色した洋酒のイメージがまとわりつく、いかがわしくて猥雑なものだったのだったのだけど、でもその中に男...

続きを読む

続きを読む

「セックス セックス」「あたしはあんたとセックスがしたい」(『うわさのあの子』)、「股を拡げるだけが女じゃあないのです/時には、男の上にまたがり腰を振る...

続きを読む

DJ KAORIって人気あるみたいだけど、実際はどうなの? という意見をよく聞きます。  なんか、女子大生とかOLに人気がある、というか、この人がミック...

続きを読む

続きを読む

そのバンド名と『シフォン主義』というタイトルに、最初は「よくあるタイプのインディーだろう」とタカを括っていたんですよね。なんというか、「うっかりちゃっか...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週