> 

雨宮まみの【漫画評】の記事一覧

M-1人気にあやかってこのページのアクセス数が増えたらいいな~、なんてせせこましいことを考えて......ないわけでもないですが、今このタイミングで読んでほしい作品を紹介します。『べしゃり暮らし』です。 「お笑い」について私が最初に真剣に考えたのは、M-1を観たときでした。私はお笑いに詳しくないので、テレビで観たことの...


私は日本橋ヨヲコのファンだった。『G戦場へヴンズドア』(小学館)のファンだった。「面白いよ!」と友達に貸したらみんな「これすごい、止まらない」と言って読...

続きを読む

「今日マチ子」といえば、知ってる人は知っている今注目の作家である。今注目っていうか注目の時期はとっくのとうに過ぎて、もうブレイク街道まっしぐらな時期かも...

続きを読む

よしながふみの『大奥』という作品を、ドラマ『大奥』のマンガ化だとカン違いしている方はいないだろうか。私は一巻が出たときに一瞬そうカン違いしそうになったが...

続きを読む

映画化され、すでに来年一月に公開が決まっている『ボーイズ・オン・ザ・ラン』の原作マンガ。もうじき映画も公開だし、この時期に読んでおくといいよ! とオスス...

続きを読む

痛い。痛すぎてあんま触れたくなかった作品『モテキ』。痛いんだけど、でも根が明るくて健全な方向を向いてる感じがするから、がんばってご紹介してみます。 最近...

続きを読む

四コママンガの傑作といえば、オールタイム『自虐の詩』(業田良家 著/竹書房)か『ぼのぼの』(いがらしみつお/同)か、っていうくらいこの二つの名前が挙がり...

続きを読む

人生、男なら一度は大きな賭けに出なきゃいけない時がある。のかどうか知らないが、どうやら女である私にも、大きな賭けに出なきゃいけない時が来たらしい。「メン...

続きを読む

『闇金ウシジマくん』に対して、私は「最近売れてる面白いマンガ」というイメージを持っていた。きっと『ナニワ金融道』(著:青木雄二/講談社)や『賭博黙示録カ...

続きを読む

『銭』(鈴木みそ著、エンターブレイン発行)は、死にかけちゃった男のコが浮遊霊となり、出会った浮遊霊仲間とともに、この世の中の「カネの流れの仕組み」を覗き...

続きを読む

陽気婢(ようきひ)というマンガ家がどんなに素晴らしいか、この一巻の表紙だけでわかってほしい。この一巻の表紙の少女の寝顔だけで、読む前から、この女の子に主...

続きを読む

こないだ名古屋から東京へ帰るバスに乗ろうとしたら、バスの故障で発車が一時間遅れた。隣の席の落ち着いた感じの女性が「どうします?」と声をかけてきたので「お...

続きを読む

ヤる前にセックスの相性なんてわかんないだろうけど、私の場合、ひとつ有効な質問がある。「山本直樹、好き?」だ。「あーいいよねー『ありがとう』とか傑作だよね...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週